1. まとめトップ

北海道函館アリーナライブ2015後のGLAYゆかりの聖地スポットの今

2015年7月25日(土)と26日(日)に函館アリーナこけら落としコンサートGMDN Vol.2で多くのファンが帰函してGLAYのゆかりの聖地スポットに訪れました。2018年8月下旬に予定されてるGMDN Vol.3を見すえて、過去をふまえつつGLAYスポットの今現在の姿を未来に向けて綴っていきます

更新日: 2018年05月26日

1047 お気に入り 1914352 view
お気に入り追加

▽ TEL 0138-22-3946

▽ 営業時間 11~23時

▽ 定休日 水曜

▽ 駐車場の有無 無し

▽ カードの使用 不可

▽ 喫煙の可否 可

▽ 備考 開店は2000年12月です

▽ 住所 ↓

▽ 函館どつく株式会社

函館どつく株式会社は函館市弁天町に本社を置く造船メーカーで、「ホワイトロード」のPVで登場して GLAY スポットになりました。

PV中に映っている、旧函館ドック跡地の2基の大型クレーン(名前はゴライアスクレーン)は函館港のシンボルとして長く親しまれてきましたが、

造船不況による経営上の問題や、老朽化などの理由があって2009年6月末に解体撤去されて、今は無くなっています。

TERU さんの両側にあって、函館港の海に浮かんでいるように見えるのがゴライアスクレーンという大型クレーンです。

▽ (本社と函館造船所の)TEL 0138-22-3111

▽ (本社と函館造船所の)FAX 0138-26-3730

▽ 問い合せフォーム
http://www.hakodate-dock.co.jp/jp/form.php

▽ 公式サイト
http://www.hakodate-dock.co.jp/jp/index.html

▽ (本社と函館造船所の)住所 ↓

▽ 函館市電「五稜郭公園前」停留場

「ホワイトロード」のPV撮影でロケ地として登場して、それ以来、函館市電「五稜郭公園前」の電停は GLAY スポットになっています。

▽ 函館市電の風景(十字街の辺り)

函館市電が十字街の辺りで「ホワイトロード」のPVに登場しています。市電自体がレトロな雰囲気で趣があって、とても絵になるので、ストーリーのあるドラマなどにしやすい感が一般にあります。

十字街から GLAY ラッピングの市電で

函館アリーナへGO!

▼ その他の「疾走れ!ミライ」PV撮影スポット

▽ 中島廉売(れんばい)

「疾走れ!ミライ」のPVで中島廉売(中島町商店街)が登場しています。GLAYER さんにはあまり知られていませんが、

函館朝市の商店街は実は観光客向けで、中島町の商店街(中島廉売)は地元の人達向けの市場なんです。

函館の地元の人達が日常で行き交う商店街なので、函館朝市と比べると、値段も安めになっています。朝市はやはり、観光客価格ってことですね。

あと、地元の人達は中島廉売の他に「はこだて自由市場 http://hakodate-jiyuichiba.com/」もよく利用しています。

朝市 ⇒ 観光客用(基本的にかなり高い価格設定)
中島廉売・自由市場 ⇒ 地元の人達用(市民用に安い)

中島廉売の商店街が開いてない時はこんな感じで、通りの全体が閑散としています。

1 2 ... 26 27 28 29 30 31 32