1. まとめトップ

朝ドラ『あさが来た』脚本は期待大☆大森美香の作品はどれも面白い!

つまらないと酷評された『まれ』。それだけに朝ドラファンの『あさが来た』への期待も大きい。脚本は『きみはペット』など数多くのヒット作品を生み出した大森美香。朝ドラは『風のハルカ』の実績もあり、今度は大丈夫!

更新日: 2019年01月30日

1 お気に入り 20501 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

「大森美香」

1972年生まれ。短大卒業後、名古屋テレビ放送の総務部で事務兼秘書として4年勤務。その後、フリーのADとなりドラマ制作に携わる。98年、深夜ドラマ「美少女H~十七歳の記録」で脚本・監督デビュー。

(大森さん)「マスコミセミナーでテレビ局の制作部長の話を聞いたらすごく面白くて。セミナーのあと、エレベーターまで素早く追いかけて行って名刺をもらったんです。それからしつこく電話をして(笑)、フリーのADとして制作現場に入らせてもらいました」

多くの脚本家が目標とする「向田邦子賞」を史上最年少の33歳で受賞し、月9や朝ドラを手がける実力派として着実なキャリアを築いている大森美香。今年1月からフジテレビ系列で放送されていた『ハングリー!』をはじめ、様々な作品を世に送り出してきた。

◇『風のハルカ』以来、二回目の朝ドラ『あさが来た』

大森さんは平成17年度後期「風のハルカ」以来、2度目の朝ドラ執筆。「浅子のように好奇心を忘れずに生きる女性がこの時代にいたということを知ってほしい。明るくて楽しい朝をお送りしたい」と語った。

◇これまでの代表作

出典ameblo.jp

『カバチタレ』(2001)

大森美香の脚本は「カバチタレ!」が好きだった。あのドラマの常盤貴子&深津絵里はめっちゃかわいかったなあ。なんでか百合テイストも織り交ぜられてたという。

東京下町の洋食店「キッチンマカロニ」で、伝統の味を守るため脇目もふらず働く個性豊かな男たちと、ひょんなことからそこで働くこととなった麦田なつみ(竹内結子)によって繰り広げられるラブ・コメディです。元気で明るいヒロインのなつみですが、「父親に捨てられた」という過去を背負っていたりと、人生のスパイスが散りばめられた内容でした。

本作は、2003年4月のクールで、TBS系列の水曜10時のドラマ枠で放映された。同枠はいわば「死に枠」であり、「ひと夏のパパへ」では視聴率で3.6を記録したほどだった。だがそれでも再放送が2,3年に1度はされるし、また同枠の中にあって10%前半の視聴率を残すなどしたことは、実際に視聴していた人々には印象を残した結果でもあるといえる。

私は大森美香の前向きな気持ちの良い脚本が好きなのだが、本作でもその魅力は十分発揮されている。

真矢みき:大森美香さんの脚本だったのですが、人間のかわいらしさを捉えていて、お話が面白かったのが印象的ですね。はじめてのお母さん役は“リアルなお母さん像”が分からなくて悩みました。その分、役者として力をつけてもらえた作品です。

「原案の映画は暴力場面が多いが、ドラマは毎回、学べるテーマを一つ考え、学生なら学校へ、社会人なら会社に行きたくなるような明るい作品にしたかった」と語る大森美香。

「私自身テレビをよく見ていた方ではないけど、偶然見た番組に気持ちが救われることもある。テレビは、そんな身近で自由なメディア。だからドラマを書くのも好き」

コミックを見ないまま映画『デトロイト・メタル・シティ』を見たのですが、面白かった。まず、松山ケンイチを筆頭に役者が良い。勿論、李闘士男監督の演出や、大森美香の脚本に助けられている部分もあると思うけど、松山ケンイチの演技が滑ってしまったら、この作品は失敗作になってしまう。

ドラマに出演していた伊藤英明は、脚本について「大森美香さんがそれなりに大人の色気のある男に書いてくれているし、セリフも凄く気を遣ってくれているんだな、って感じながら演じています」と述べています。視聴者のみならず役者の心もつかむというところに、脚本家としての優れた技量を感じますね。

佐藤監督:18ヶ月前に映画化の話があったときに、2人の信頼するプロデューサーと、大森美香さんに脚本をお願いして、4人で脚本を作り始めたんです。 実に面白いセリフ、面白いエピソードが沢山あって、これも入れたい、これもやりたいと全部入れていくと6時間ぐらいになるだろう、と。

宇宙兄弟の脚本を担当してくれてるのがこの大森美香さんという人。有名な作品としてはテレビドラマだと「カバチタレ」映画だと「カイジ」なんかがありますね☆どちらも非常におもしろい作品なので、これは宇宙兄弟の出来栄えにも期待大です☆

『聖女』は、これまで私が書いてきたドラマとは異質なものになっていると思いますが、自分としてはラブストーリーのつもりで書きました。とは言え、物語がラブの要素と連続殺人の真相という要素が絡み合いながら展開していくので、そういう意味ではサスペンスの匂いもあります。

1