1. まとめトップ

船橋少女生き埋め殺害事件まとめ[閲覧注意]

容疑者達は犯行後周囲の人たちに犯行の事を話すなど反省の色が見られません。野口さんにも借金を返済しないなどの問題行為はありましたが、生き埋めにして言いわけがありません。

更新日: 2015年08月22日

2 お気に入り 749067 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mirei0000さん

井出裕輝容疑者(20歳)いで ゆうき
住所不定
中野容疑者の友人
野口さんや少女と面識有との報道や無しとの報道もあるためどちらにしてもあまり深い中ではなかった様子。
24日午後、鎌ケ谷署に出頭

中野翔太容疑者(20歳)なかの しょうた
千葉県成田市在住
井出容疑者以外全く面識なし

湯浅成美容疑者(18歳)ゆあさ なるみ
千葉県船橋市在住
主導者と言われている
少女は井出容疑者と地元も近い友人
野口さんとは高校時代の親友同士。二人とも中退。
野口さんと幼馴染とのうわさもあり
最初は彼女がやると言っていたのが、女の手は汚せないということで2人がやったという話有。

事件後に電話で話した際に「殺した」と言っていた。笑いながら話していた。
『(野口愛永さんを)林に拉致って連れていって、そのまま生き埋めにしたんだけど、アイツ超ガクガクしちゃってさ』って」などと話していた。
日本テレビ『スッキリ!』にて彼女のTwitterの書き込みを報道。その後1時間もせずにアカウントが消えた。

少年(17歳)
東京都葛飾区在住
少年は湯浅容疑者の彼氏
井出、中野容疑者は先輩後輩関係。(名前は知らなかったとの報道もあり)

事件概要

千葉県船橋市に住む野口愛永さん(18)が知人らの乗るクルマに同乗してから行方がわからなくなっていた事件で、千葉県警は24日、監禁容疑で逮捕した男の供述に基づき同県芝山町の畑から野口さんの遺体を発見。

千葉県船橋市の野口愛永さん(18)が監禁され、同県芝山町の畑から遺体で見つかった事件で、県警は13日、野口さんを殺害し財布などを奪ったとして、強盗殺人の疑いで、元同級生で船橋市の無職少女(18)ら4人=監禁容疑で送検=を再逮捕した。

死因は窒息死

再逮捕したのは、少女のほか、住所不定、無職井出裕輝容疑者(20)、住所不定、無職中野翔太容疑者(20)、東京都葛飾区、無職少年(17)。

大きな外傷はなかったが、口など頭部全体を粘着テープのようなものでぐるぐる巻きにされていた。さらに、両腕などは結束バンドで縛られており、抵抗を抑圧された上で殺害されたとみられる。

口の中には靴下つめられ、口の周辺をふさぐように粘着テープが巻かれていた。

苦しみに耐えかねたのか、土砂の重みにつぶされたのか、正座したまま上半身があおむけに大きくのけぞる不自然な姿勢だったという。

深さ約1.5メートルの穴の中で、頭部を何かでグルグル巻きにされていた。顔の見えない状態だった。

土のう袋をかぶせられた状態

野口さんの携帯は千葉市内の川から見つかったが、財布やバッグは発見されていない

野口さんはどんな人?

野口さんは3人姉妹の長女で、両親と5人暮らし
近所では家族で仲良く出掛ける姿が目撃されていた
近くに住む森下孝治さん(74)は「人懐こくて、あいさつを絶対にする子。小学生の妹さんの面倒をよく見ていた」

少女は船橋市内の市立中学校時代、テニス部に所属。テニスがうまく後輩の面倒見もいい一方で、男子との派手な交際や喫煙・飲酒の噂が広がるなど、素行面で問題のある一面もあったという。

同級生の1人は「中学のころから服装にこだわり、おしゃれだったように思う。年上の男性らとの交友関係も広かった」

ホストクラブにはまった経緯

もともと、いちずな性格だったのだろう。Aに路上で客引きされ、すっかり舞い上がってしまったらしい。

「愛永さんはAが在籍していたホストクラブに頻繁に通うようになり、服装もどんどん派手に。それでトラック運転手をしている厳格な父親と衝突し、家を出てしまった。2月以降は一度も家に帰っていなかったそうです」(マスコミ関係者)

「酔っぱらって店を出る時にAからキスをされ、うれしそうにしていた愛永さんの姿も目撃されています。Aから小遣いをせびられることもあり、100万円のシャンパンタワーを要求されたという噂もある。Aに会いたい一心、そのためのお金を稼ぐために風俗街に身を投じてしまったようですね」(捜査事情通)

ソープランドなどの風俗店がひしめく繁華街、千葉・栄町で、寝る間も惜しんで働いていたという。

「愛永さんはAの店以外にも、2つのホスト店に通っていたそうです。ホスト遊びにはまり、ツケが膨らみ風俗街で働いても追いつかず、金に窮して友人、知人から多額の借金を重ねていたといいます。そのうちのひとりが監禁容疑で逮捕されたB子(18)。愛永さんとB子は、地元の古くからの幼なじみでした」(前出の捜査事情通)

1 2 3