1. まとめトップ

【脇汗対策】わき汗の原因と劇的に抑える・止める3つの方法

ワキの汗染みが気になってしょうがない、脇汗を大量にかいて困るというような人の悩みを改善・解決するための「脇汗を止める・抑える方法のまとめ」

更新日: 2017年06月09日

hy-trickstarさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 204107 view
お気に入り追加

ワキ汗が気になる・ワキ汗が多い…その解決方法は?

脇汗が多くなる原因とその予防方法

・刺激の強い味の食生活
・カフェインやニコチンのとり過ぎ
・運動不足(筋肉不足)

・緊張やストレスによる精神的な発汗
・体質的な遺伝
・年齢(加齢)によるホルモンバランスの崩れ
・永久脱毛(レーザー脱毛)

などが主な原因。

手軽に気をつけられるのは食生活。

まずは、日頃の食生活を気をつけて脇汗を抑えてみる

コーヒーや栄養ドリンクなどのカフェインの多い飲み物、それと喫煙者の場合はタバコも脇汗が多くなりやすいのでできるだけ控えたほうがよい。

味の強い食べ物・刺激の強い食べ物は交感神経をさらに活発にし、汗をかきやすい体質にするのでできればあまり食べないほうがよい。

特に東南アジア系(タイ料理)や韓国料理など。

他にはできれば脂っこい肉料理も控えたほうがよい。

「イソフラボン」は交感神経を抑制し、副交感神経を刺激するため結果的に汗を抑える。

主に豆乳や豆腐、納豆、もやしなど。

イソフラボン以外にも「大葉」「アボカド」「山芋」「緑黄色野菜」「ペパーミント」も汗を抑えるのに有効な食品。

原因に関係なく「わき汗を止める・抑える3つの改善方法」

食生活を見直しても劇的に効果があるわけでもなく、元々の体質が原因なら食生活で改善することはあまり無いので、
ここからは原因がなんであろうと「わき汗を止める・抑える方法」をご紹介。

【1】脇汗に効くツボを押す。

●屋翳(おくえい)
乳首の3cm~5cm(指2〜3本分)ほど上の場所。

●大包(だいほう)
わきの下あたり。

この二つのツボを押すと上半身の汗を抑える効果が強い。

着物を着る舞妓さんなどは帯でちょうど脇の下の胴回りを強く締めるのでこの二つのツボを同時に押したような状態になっている。

着物が暑いにも関わらず汗をかいている舞妓さんをあまり見た事がない理由がこの半側発汗(芸者の高帯)の効果。

http://blogs.yahoo.co.jp/crazy_tombo/47826251.html


【半側発汗の欠点】
汗をかく量は減らない。上半身の汗が抑えられるかわりにその分は下半身に汗として出る。

舞妓さんが行う「半側発汗」かぁ。 顔や上半身に汗をかかないようにするには、上半身をきつく締めるんだって♪ でもその代わり、 その汗は下半身に行くみたい… なんか…それはそれで嫌だね(´Д` )

・着物を着ない人でも半側発汗を利用できるのが「汗止め帯」

・汗止め帯の欠点

汗止め帯を着けているのですが友達にえっ?ブラジャー着けてるの?って言われました
男なのでなかなか恥ずかしいです。

男性で汗止め帯を付けているのがシャツごしに透けて見えてしまうと、「あれ?ブラジャーを着ける趣味がある人なのかな?」とその趣味があるなしに関わらずそう思われてしまうという欠点が。

【2】超強力!塩化アルミニウム液入りの制汗剤を使う

塩化アルミニウム液は、
「汗を止める効果」が抜群で「持続力」も抜群。
ある意味、一撃必殺と言ってもいいほど効果が強いものです。

塩化アルミニウム液を使った制汗剤は、
「デトランスα」、「AHCセンシティブ」
などがあります。

http://memogoto.blog.fc2.com/blog-entry-284.html
汗止めの威力は超強力!「一度塗るだけで1週間〜10日は効果が続く」といった感想が多い。



塩化アルミニウム買ったけど本当に汗が出なくてワロタwwwww
http://2chmokomokocat.blog72.fc2.com/blog-entry-1542.html

8x4(エイトフォー)やBan(バン)、Ag+(エージープラス)やデオナチュレなどの普通に売っている制汗スプレー・デオドラントとは比較にならないほど圧倒的に効果が高い制汗剤です。

【3】病院で治療。もしくは手術

塩化アルミニウム液を使った制汗剤も効かないという場合は、さすがに病院です。

病院で診察・治療することをおすすめします。
「別の病気が原因」の場合と「精神的な病気」、そして「体質」のどれかが原因。

「多汗症」を専門に扱っている病院があればそこへ。
無ければ、精神科・心療内科・内科・神経内科・皮膚科・美容外科のどれか。

まず、疾患などの可能性があるので「内科」で診察

・糖尿病
・更年期障害
・バセドー病(甲状腺機能亢進症)
・自律神経失調症
などが原因の場合もあります。

精神的な原因を疑うなら「心療内科・精神科」

精神性発汗は気温や運動とはあまり関係なく、精神的な緊張に伴って起こるものです。この発汗は手のひらや足の裏に多く見られます。一般に多汗症と呼ばれるのは、この精神性発汗に属するものです。

1 2





困った時の眠気覚まし法
» http://bit.ly/LMqX0p

引っ越しが決まったらまず忘れずにやる「8」の準備と手続きリスト
» http://goo.gl/CpPM2Q