出典 matome.naver.jp

全身の症状は、アトピー性皮膚炎に類似することが多いとされています。
皮膚の湿疹、蕁麻疹、水ぶくれ、かゆみ、赤み、痛み等の症状が、顔、首、手足、腕、背中などに現れます。

口の中の症状は、粘膜が腫れたり、赤くなったり、熱を帯びたり、触ると痛みがでることがあります。

すぐに症状が現れることはなく、多くは半日から数日後に症状が現れます。

主に固まっていないレジン(残留モノマー)との接触により発症します。
固まっていないレジン液は揮発性があるため、アレルギー症状の一つとして喘息や鼻炎を生じることもあるとされています。

この情報が含まれているまとめはこちら

軽視しないで!発症したら最後、レジンアレルギー

素手でレジン液を扱ったり、換気や対策をほとんどしていない人が大半!ぜひ知って欲しい、本当は怖いレジンアレルギー。昔はレジンアレルギーというと歯医者の詰め物がレジン製で発症という方が多かったようですが、現在はレジンアクセサリーを作っているうちに発症という方が多くなってきたのでまとめました。

このまとめを見る