1. まとめトップ

SEO対策|GoogleのSEO対策に効く!「長文+追記」最強説

SEO対策はgoogleのアルゴリズムに合わせて変えていく必要があります。最近は検索するとやたら文章量が多いページがヒットするとは思いませんか。その訳はgoogleは長文記事を優遇しているからです。しかし、単純にテキスト量が多いほどいいというわけではありません。今流行りの長文SEOの真相に迫ります。

更新日: 2017年06月29日

seonouhauさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 17837 view
お気に入り追加

事の発端は「SONOTA」を運営するid:cardmics氏のSEO対策の方法論「検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、最近ではただの精神鍛錬になりつつあるという話。長文+追記が現時点では最強です。」というタイトルのSEO対策記事が波紋を呼んでいます。

SEO対策に効く長文+追記に関する関連リンク集

SEO対策とは

「検索エンジン最適化(search engine optimization)」または「検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)」の頭文字です。

一般的にSEO対策とは、検索エンジン(主にgoogle)の検索結果で狙ったキーワードで特定のページを上位表示させるためのテクニックと解釈されています。

SEO対策には内部SEO対策と外部SEO対策があります。

今はSEO対策が難しくなっています。内部SEO対策と外部SEO対策の両方ができていないと満足する順位に上がって行きません。

一昔前はどんなサイトでも被リンクさえ付ければ順位が上がりました。今は内部SEO対策がしっかりしていないと順位が上がって行きません。また、googleは検索結果の精度をゆがめるという理由から作為的な被リンクを付けることを禁止しています。下手な被リンクを付けると順位が下がることがあります(逆から考えるとそれだけ被リンクはSEO効果が高いことの裏返しでもあります。ナチュラルリンクや巧妙なナチュラルリンクに見せかけた被リンクであればSEO効果抜群です)。

SEO対策で順位を上げるための検索エンジンについてですが、日本の検索エンジンの大半はgoogleの検索エンジンを採用しています。すなわちgoogleで上位表示されれば、他の検索エンジンでも上位表示されます。したがって日本におけるSEO対策は、ほとんどgoogle対策になります。googleに依存しない独自検索エンジンもありますが、使っているユーザーが極めて少ないのが現状です。

【SEO対策関連リンク集】
■SEO対策テクニック集 http://matome.naver.jp/odai/2135875428778458101
■SEO対策の意義、メリットデメリットhttp://matome.naver.jp/odai/2135875648378813201
■外部SEO対策(被リンク対策) http://matome.naver.jp/odai/2140405206266425001
■内部SEO対策 http://matome.naver.jp/odai/2144764867487427701

以下cardmics氏のSEO対策説

■長文がSEO対策に有利
文字数の多い長文さえ書ければ上位表示できてしまう…記事内容がどんなにつまらなくても、たとえ単調な説明が延々と続くだけの記事であったとしても、更には「そんな情報ほしがってる人いる?」というものが書いてあったとしても、内容に一貫性のある長文であれば検索エンジンに評価されてしまうのです。

■SEO対策は追記で検索順位がかなり上がる
Googleが記事内容が新しいものを上位表示させる傾向にある…追記して更新日時を新しくしてみれば、それだけで検索順位がかなりあがるのを確認できるはずです。

みうの経験ではいくら被リンクを付けても圏外だったページが、更新した途端いきなり上位表示されたことがあります。検索順位が伸び悩んだら更新をするといいです。更新とは記事の追加、一部削除、リライト、テンプレートの入れ替えなどソース上に変化があることすべてです。更新する対象ページは、順位を上げたいページ、順位を上げたいページに内部リンクしているページ、外部のリンク元ページ。どれを更新しても効果があります。余裕があれば全部更新すると良いでしょう。

付利意雷布亜 (id:asiaasia)氏がcardmics氏のSEO対策説に反論

■Googleによる評価は内外のリンクでまず決定される
評価の高いドメインは比較的上位に表示されるが、これもドメイン自体にリンクが付いているから(評価の高いドメインだから)である。…長文のコンテンツが上位表示されやすいのは、…その記事で訪問者が十分に満足出来たからである。…訪問者が満足したというGoogleへのメッセージはソーシャル(Facebook、Twitterなど)でのシェア、もしくは他のサイトでの紹介で、被リンクを通してGoogleに伝わって行く。

■キーワードからの離脱
「キーワードからの離脱」とは、例えば、あるキーワードで検索をかけて、検索結果に表示されたサイトに訪問したとする。その記事の情報に満足すれば、再度検索結果に戻って別のライバルサイトへ訪問したり、別の関連、複合キーワードで再検索をかける事はないだろう。このような行動をいい、結果として、「キーワードからの離脱」が起こったサイト(記事)は、そのキーワードでユーザーが満足したとGoogleは判断出来るのである。キーワードによってはシェアやリンクが得られないものもあり、「キーワードからの離脱」で検索順位が上がるケースもある。

(したがって)

長文ダラダラ記事では別サイトを見たり、再検索をかける人も多くなる。長文にするにしても、ユーザーの満足を第一に考えなければむしろ評価は低くなるのだ。(同じ理由で)単に追記すれば上がるというのはほとんど無い。

川原裕也氏はcardmics氏のSEO対策説を支持

この記事に対する私の感想は、「ついに堂々と表に出しちゃったか」です。

■なぜ長文を書くと上がるのか?
なぜ長文を書くと上がるのか?という話なのですが、私はこの答えに「語彙数の重要性」があると思っています。つまり、長文=上がるではなくて、単語のバリエーションが豊富 = 上がるですね。なぜそうなるのかというと、Googleは素人が書いた文章よりもその道の権威(専門家)が書いた文章を評価すると言っているからです。専門家が書くと、必然的に語彙数が上がります。例えば、意識しなくても共起語がたくさん出てきます。

■追記(更新)をgoogleが評価する理由
例えば、法人税のことについて書いた記事があったとして、その記事が検索結果で上位に表示されていたとします。しかしその後、税制が改正されたにもかかわらず、その情報が放置されたままだと、そのサイトに書かれた情報は、間違いを提供していることになります。これではいけないので、Googleはその記事の順位を下げます。このように考えると、既存の記事も定期的に更新し、「最新の正しい事実」を提供している記事が評価されるのは、当たり前のことなのです。

共起語とは、例えば「先生」と言えば「生徒」のようにセットで出てくることが多い言葉のことです。一昔前はキーワードの出現比率が高いページが上位表示に有利でした。今でもキーワードの出現比率は重要ですが、共起語がたくさん含まれているページほど順位が上がりやすくなっています。

緊急時は明確性と短さに価値

実際に「熱中症 手当て」と検索してみてください。下のリンク先がGoogle検索で1位に表示*1されていますが、とてもシンプルです。大きい文字で、表組みで「原因と症状と応急手当」が簡潔に書かれています。

https://www.city.kyotango.lg.jp/kcfd/qq/oukyu/neltutyu/neltutyu.html

こうした緊急事態では「具体的にどうすれば良いか」正しい情報が明確に迅速に伝わることが、もっとも役に立つ、ユーザビリティに優れているといえます。

「SEOに最適な文字数は?」の謎を追う

Google様のいう通り、文字数なんて気にしなくてもいいのかもしれない。しかし、クオリティの伴った文章を書こうとすると、100文字でまとめることは難しい。おのずと1000文字くらい行ってしまうのではないだろうか?「SEOに最適な文字数は?」という謎を追ってきたが、クオリティを追求すれば自ずと最適な文字数が付いてくるということだ。

記事の長さは出来れば1,000文字以上

出来れば1記事の長さは1,000文字以上にするのがおすすめです。この理由は単純で、Googleは現在、低品質な記事を多く含むサイトをあまり評価しないアルゴリズム(検索表示の仕組み)を採用しているため。稀に短い記事を書くのはなんの問題もないのですが、多くの記事が短いものばかりだとGoogleで上位表示をすることは難しくなるでしょう。これ、私も過去に実験してみた経験あり。300~500文字の低品質な記事を量産して、検索エンジンのすべてのキーワードを狙おう…と思ったら、どの記事も上位表示されるどころか、検索エンジンからスパムサイトだと認識されて圏外に飛ばされてしまいました。

長文記事がSEO的に良いのはホントなのか?

縦軸が文字数、横軸が検索順位の結果を取り、相関を示した図です。黄色が2013年、青が2014年。2013(黄色)年に比べ、2014年(青)は2倍近く文字数が多くなっています。2014年で見ると1,000ワード。日本語換算すると4,000文字近い文字数を求められることが分かります。検索結果に上位表示されるには、ある程度の文字数が必要、ということが言えそうです。

出典
http://riisan.hatenablog.com/entry/2017/01/29/144342

Googleで「マンガ おすすめ」と検索すると、上位10記事のうち9記事がはてなブログという衝撃。SEO対策では長さと更新頻度が重要です。

長文+更新頻度で上位表示?
では1位~9位までをはてなブログが独占しているということは、はてなブログがSEOに強いから…なのでしょうか?これについてはもちろん大なり小なり、はてなブログのSEO力の高さがあるかもしれませんが、それよりも「長文」であることのほうが重視されている感があるように思う私。実際、どの記事を見てもらってもわかりますが、ほとんどの記事が1万文字以上はザラで、トップの「心に火を、指先にペンを」のブログともなると3万文字オーバー。さすがにそれだけの長文を書けば、Google先生も上位表示せざるを得ないのかなと思います。

更新頻度も高い:
それに加えてみなさんの更新頻度の高さも評価されている要因になってますよね、これ。例えば2位のhacogakiというブログのタイトルには【随時更新】という文字があるくらいで、インターネットアーカイブ(過去の時点での記事を確認できるサイト)を見てみても積極的に内容を更新していっていることがわかります。つまりはてなブログだから上位表示出来ているのではなく、長文+更新頻度の高さがあるからこそ、はてなブロガーの記事9つがTOP10を独占しているのです。

JOOYというサイトのSEO

★jooyは自然リンクを大量に獲得している。

jooyは長文seoという物量作戦で上位表示に成功して大量のアクセスを獲得した結果、大量の自然リンクも獲得してビッグワードで上位表示を長期間維持している。現在のグーグルのアルゴリズムは長文、自然リンクの質の両方がついているサイトを評価して上位表示するアルゴリズムで、jooyは長文、質のいい自然リンクを獲得するという両方を満たしているためグーグルの検索エンジンで上位表示できているといっても過言ではない。

★jooyを見るとホワイトハットで運営するのが時代のトレンドかなと感じる。

jooyの糞長い長文が上位表示されている現状をみていると、ちょこまか自演リンク貼るくらいならあえてリンクを貼らずに30000文字を超えるコンテンツを作ったほうが上位表示されると思ってしまうよね。。

コンテンツ量は記事の文字数×ページ数

まずは、SEO対策におけるコンテンツ量である記事の文字数(テキスト量)とページ数について述べたいと思います。

最初に、例えば、以下のようなサイトやブログがある場合、SEOの観点からは、どのサイトやブログが良いでしょうか?

(1)500文字の記事を100ページ=500×100=50,000文字

(2)1,000文字の記事を50ページ=1,000×50=50,000文字

(3)2,000文字の記事を25ページ=2,000×25=50,000文字

どれもテキストのコンテンツ量としては50,000文字となり、変わりはないですが、筆者の経験から言うと、SEOの観点からは(2)>(3)>(1)となり、(2)または(3)が有利になります。

1 2 3 4





SEO対策に長年携わっているみうといいます。SEO対策は業者に依頼しなくても自分で無料で行うことができます。ここではその一環として、今流行りの内部SEO対策を提案します。