1. まとめトップ

【免許センター】府中での学科試験から免許取得まで【府中/運転免許】

教習所を卒業してあとは学科試験のみの方!試験会場では学科試験のことだけに集中したいですよね?(というか私自身がそうでした)試験会場では余計なことを考えなくて済むように、府中で免許取得した試験当日の流れをまとめてみました。ぜひともご参考までに!

更新日: 2015年07月31日

18 お気に入り 391727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

atazmさん

◎当日の流れ

当日の大まかな流れはこちらですが、それぞれの詳細やその他の細かい点は以降で説明します。

【1】府中運転免許試験場に向かう
【2】試験場で試験の申し込み
【3】学科試験 ※落ちた人は再申し込み
【4】写真撮影
【5】免許証受領
-----
【その他】時間つぶしなど

【準備しておくもの】

まずこれらを必ず忘れないように用意してください!
忘れてしまうと試験を受けられないか、免許交付が後日になりますよ!!!!
面倒ですよ!!!!もう一度見なおしてください!!!!

申請書

こちらは教習所でもらえなくても試験場で受領可能で

卒業証明書

発行日から1年以内のものですが、教習所によっては入校時に提出したものを返してもらえます。
※免許所持者は不要

住民票

発行日から1年以内のものですが、教習所によっては入校時に提出したものを返してもらえます。
※免許所持者は不要

免許証(免許所持者のみ)

原付きなど、すでに免許証があれば住民票は不要

お金(手数料や交通費など)

・普通車:3850円
 (受験料:1800円+免許交付手数料2050円)
・二輪車:3800円
 (受験料:1750円+免許交付手数料2050円)
・審査:1450円
・その他、交通費や昼食代など、必要に応じて

筆記用具(黒のボールペン・万年筆)

試験時には用意された鉛筆を使いますが、その他で使うこともあり。

【1】遅刻注意!府中運転免許試験場に向かう

受付時間に間に合うように試験上に向かいます。
時期にもよりますが、混んでいると受付に並んでいる間に受付締切もありえます。
午前/午後の受付”開始”時間には到着しているのと焦らずにすみます。

午前の試験を受験する方
適性試験受付8:30~9:05
学科試験受付8:30~9:15

午後の試験を受験する方
適性試験受付9:30~11:30
学科試験受付9:30~11:40

▲時間内に適性試験受付/学科試験受付を両方ともすませておく必要があります。

多くの方はバスで最寄り駅「試験場正門前」まで向かいます。
事前に乗る時刻やのりばを確認シておきましょう。
また、「試験場正門前」はその名のとおり試験場の目の前。自分以外にも同じ目的の人も同乗していると思うのでまず迷うことはありません。
ちなみに私は京王線の新宿方面からだったので、調布駅北口12番のりばからバスに乗車しました。

【最寄り駅】
・ JR武蔵小金井駅(南口6番のりば)
京王バス(多磨町、調布駅行)「試験場正門前」下車 所要10分~20分
・ JR武蔵小金井駅(南口5番のりば)
小田急バス(三鷹駅行)「試験場正門前」下車 所要10分
・ JR三鷹駅(南口2番のりば)
小田急バス(武蔵小金井行)「試験場正門前」下車 所要30分
・ 京王線調布駅(北口12番のりば)
京王バス(武蔵小金井行)「試験場正門前」下車 所要30分
・ 京王線多磨霊園駅
京王バス(武蔵小金井行)「試験場正門前」下車 所要15分

▲時刻通りのバスに乗ったら、あとは焦らずのんびり過ごしましょうね。

【2】試験場で試験の申し込みをする

混み具合や時期によっては順番が前後しますが、基本的には以下の4点を時間内に済ませておきましょう。

(1)申請書の記入

入り口にはいると、まず係員から受付の流れを説明されて、その際に申請書をもらえるので必要事項を記載します。
住所・氏名などは、持ってきた住民票と同じ内容を記入すること。(本籍の「大字」等の漏れや記載ミス等無いように注意)
すべて記入したら(2)へ

(2)受験料の支払い

窓口で申請書を確認してもらいつつ受験料を支払います。
支払いが済めば(3)適性試験へと進みます。

(3)適性試験(視力テスト)

受験料の窓口の正反対の位置にある一角で適正試験(視力テスト)を受けます。
学科免除の方!視力テストとはいえ適性試験も試験なので(2)の「受験料」が必要ですよ!
こちらをパスしたら(4)3階の窓口へ行きます。

(4)窓口で申請書の提出/受験票をもらう

係員にいくつか質問され(無免許運転で罰則を受けたことはある?みたいな質問)、受け答えをしたのち受験票をもらいます。

指定時刻までに試験室へ

その後、指定時刻までに試験室に向かいます。
試験室では各机の左上に番号が書かれているので、自身の受験票の「受験番号」と同じ数字の場所へ着席して、復習するなり、ぼ~っとするなり、リラックスして過ごしましょう。
なお、試験室入り口に置かれている「鉛筆」「消しゴム」を持ってくるのを忘れずに!

あとは学科試験を待つのみです!!!
ご武運を!!!

【3】いざ学科試験!

教習所の仮免試験時にやったであろう、マークシート形式です。
落ち着いて臨んでください。
※問題集やムサシなどで安定して合格点をとれているのであれば、そんなに難しく無いと思いますよ。

終わった方は、解答用紙と問題用紙を係員に提出して退出可です。
合格発表の予定時刻が前の黒板にかかれていると思うので、その時間までに試験室へ戻らなければいけないのですが、ここで一つやっておくことがあります。

【結果発表までに免許証の暗証番号を発行】

試験室と同じフロアに写真のような暗証番号発行機があるので、まだ暗証番号を発行していない方は、いまのうちに発行しておきましょう。
任意の数字4桁を2種類入力します。

入力が済むとレシートのような紙が発行されます。
こちらは免許証の写真撮影時に使用します。
また、この暗証番号は今後も必要になりますので覚えられない方は大切に保管しておきましょう。

1 2