1. まとめトップ

東京五輪エンブレム 審査委員『長嶋りかこ』にもパクリ疑惑

佐野研二郎氏デザイン2020年東京オリンピックエンブレムに盗作疑惑が出ていますが、審査委員長嶋りかこ氏も過去に盗作疑惑があったようです。

更新日: 2017年01月05日

6 お気に入り 259532 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TOKYO 2020 大会エンブレムデザイン募集要綱

【応募資格】
東京ADC賞、TDC賞、JAGDA新人賞、亀倉雄策賞、ニューヨークADC賞、D&AD賞、ONE SHOW DESIGN のうち、過去に2種以上受賞( 佳作・ショートリスト・インブックは対象外)しているデザイナー・グラフィックデザイナー・アートディレクター。
[補足] 同一賞2回以上の受賞者も含む。
・デザイナー個人としての応募であること(事務所・会社名義での応募は不可)
・日本語でのコミュニケーションが可能な方(通訳によるコミュニケーションも可)
・日本国内での行事・打合せ等に参加可能な方

【審査委員】
・永井一正 日本グラフィックデザイナー協会特別顧問
・浅葉克己 日本グラフィックデザイナー協会会長
・細谷巖 東京アートディレクターズクラブ会長
・高崎卓馬 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会クリエーティブ・ディレクター
・平野敬子 デザイナー/ビジョナー
・片山正通 インテリアデザイナー
・真鍋大度 メディアアーティスト/プログラマー/インタラクションデザイナー
・長嶋りかこ グラフィックデザイナー

【賞金】
当選作品に対する賞金 ・エンブレム制作及び著作権譲渡対価:100万円(税込み)
副賞:2020年東京オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会開会式へご招待させていただきます。
入選作品(8名程度)に対する賞金・エンブレム制作及び著作権譲渡対価:10万円(税込み)

長嶋りかこ

茨城県出身。2003年武蔵野美術大学卒業、同年博報堂入社。2014年に博報堂を独立し、「village®」設立。グラフィックデザインを基軸に、ブランディング、CI、VI、プロダクトデザイン、パッケージデザイン、エディトリアルデザイン、サイン計画、アートディレクションなどを手がける。

アルバムのタイトルからデザインまで同じ

Chara Cocoon / 長嶋りかこデザイン

bjork Cocoon / 石岡瑛子デザイン

上がCharaで、下がビョーク

オマージュとかインスパイア下手ないいわけは通用しないだろ
こんなのが許されたら盗作し放題なんでもありになるぞ

これが一番酷い

これ見てみたら分かるけれど、Bjorkも裸で赤い糸に包まれてる
石岡瑛子のアイデアをパクった長嶋りかこが悪いんじゃないだろうか

長嶋りかこはbjorkのデザイナー好きみたいだし、他にも似てるやついっぱい作ってるからそういうもはや作風みたいよ。

ビョークといえばこれまた日本人の故・石岡瑛子と組んだCocoonが好きよ
最近Charaというか長嶋りかこがパクってたけどね

COCOONのジャケはビョークのパクリと言われてもしかたあるまいとか、普通に批評・批判してます

charaのcocoonてアルバムのcmが流れてbjorkのcocoonぽかったのでエーと思ったんだけどこういうのはどういうつもりでやっているのだろうか。パクリだーとか糾弾したいわけでなくて、せっかくつくったのに「アレみたいだね」と言われるのもったいないなぁと。

ビョークの口から赤いコードが出ている作品からインスパイア()されて
ポカン口に毛玉突っ込んでる作品とか
ポカン口に花突っ込んでる作品とか作ったのかな。
あれ気色悪いんだよな。

1 2