1. まとめトップ

知ってました?マンションを選ぶ時は管理会社がどこかなのかも確認すべきです!

あまり気にしたことのなかったマンションの管理会社。快適に暮らすためには重要な存在なのでした!

更新日: 2015年07月30日

0 お気に入り 465 view
お気に入り追加

マンションの管理会社のトラブル

マンションのオーナーは自分でマンションを管理するわけではありません。

ほとんどは管理会社に依頼しているのです。

管理会社は専門にやっていますから、定期的なチェックなどを契約に応じて行います。

しかし、管理会社とオーナーの間でトラブルとなることも少なくありません。

多くの場合、管理会社の担当者とオーナーの間で意思の疎通ができていないことによります。

オーナーは契約金を払って管理を任せているのですから、きちんと管理をしてもらうことができると思っています。

しかし、管理会社は守備範囲があり、それ以上をする必要はないと考えているのです。

もちろん、最初の契約時に明確に決められているはずなのですが、年数が経つにしたがって、お互いに忘れてしまうのでしょう。

管理会社の担当者もずっと同じ人がやるわけではありません。

マンションの家賃の一定割合を管理会社に支払う契約が一般的です。

トラブルの例としては、居住者のマナーに対する苦情です。

これは管理会社の落ち度ではありませんが、何とかしてほしいと言われるでしょう。

管理会社の担当者は自分の仕事ではないと言う気持ちもありますが、住んでいる人が気持ちよくなるためには必要なことと割り切って対応しています。

違法駐車なども同じです。

最近はあまりなくなってきましたが日照権などは深刻な問題です。

解決するためにはかなりのお金がかかるのです。

トラブルではありませんが、水漏れや雨漏りなどは迅速な対応が求められます。

マンションの管理会社の役割

マンションの管理会社の役割を考えてみましょう。

分譲マンションでも賃貸マンションでも管理会社が管理するのが一般的です。

分譲マンションであれば、管理組合と契約しています。

具体的な管理会社の役割です。

あなたはマンションを選ぶ時に、物件の内容ばかりを見ていませんか。

しかし、快適な生活を送るためには管理が重要です。

つまり、管理会社をチェックすることが必要です。

管理会社がなくても管理組合がしっかりしていれば、それでも十分です。

分譲マンションでは管理組合への加盟が強制となっているケースもあります。

みんなで協力して快適なマンションにするために必要なのです。

これは法律によって明確に定められています。

一番の役割は共用部分の保守やメンテナンスです。

エレベーターや階段、駐車場などの管理は分かりやすいでしょう。

火災保険や管理費の管理も担っています。

ただ、すべての住人がその役割を理解しているわけではありませんから、トラブルが発生するのです。

管理組合の運営や組合費などはトラブルが多いようです。

決められたことを守らない人が少なくないのです。

違法駐車や夜中に近所迷惑になる行為は後を絶ちません。

水道設備や照明設備なども同様です。

管理会社の場合は管理が仕事ですから、迅速な対応が求められます。

しかし、必要以上に苦情を言うのは、同じ人間ですから不愉快になってしまうのです。

マンションにはトラブルでもないのにトラブルにしたがる人がいるのです。

マンションの管理会社を選ぶ

マンションを購入する場合、間取りや立地条件よりも管理会社を選ぶことが重要と言われています。

分譲マンションの場合は管理会社ではなく住民による管理組合が一般的です。

ただ、補修や保険関係などの業務がありますから、管理会社に委託するケースも少なくありません。

つまり、これらの管理がどうなっているかを確認してからマンション購入を決めるべきでしょう。

多くの人が一つの建物に住むのですから、必ずトラブルが発生します。

そのトラブルをうまく解決することが管理すると言うことになります。

マンションの管理会社は大手から、地元限定の中小企業まで様々です。

注意しなければならないのは管理会社の作業の範囲です。

契約でどこまでを委託するのかを明確にしておかなければなりません。

隣の音がうるさいと管理会社に苦情を言うのは間違っていませんが、隣同士でうまく付き合っていく態度も重要ではないでしょうか。

隣は何をしているか、全く知らないと言う都会的な生活を一生送ることは現実的ではないでしょう。

また、子どもがいればどうしても夜中に音を出したりします。

それだけでトラブルになれば、快適なマンション生活とは言えません。

自分が快適に過ごすためには、周りの環境に対して寛容にならなければならないでしょう。

いずれにしても管理会社がどのような働きをしているかチェックしてください。

分譲マンションを購入すると、一生をそこで暮らすことを意味します。

高齢になっても住みやすいマンションにしたいものです。

マンションの管理会社のトラブルについて

マンションで様々なトラブルが発生します。

これを管理するのが管理会社です。

ただ、最近の住民は自分の主張ばかりを優先して、相手に対する譲歩を使用としません。

昔は何でもなかったことが現代ではトラブルとなるのです。

マンションの場合は、一種の共同生活です。

規則を守らないとトラブルとして認識されてしまうのです。

これは管理会社がしっかりしていたとしても同じことでしょう。

罰則などを強化して対応することはできるでしょうが、それだけ日常生活が制限を受けることにつながります。

例えば、洗濯物干しや布団干しなど日常的にやりそうなことまで制限されているマンションもあるのです。

どこまでの行為が迷惑にならないかと言う点は非常に難しいでしょう。

時代によって、地域によって考え方が異なるからです。

マンションの管理会社はこれらの点を考慮しながら、管理を行います。

トラブルを未然に防ぐための方策も重要となるでしょう。

住民同士が顔を合わせないマンションでは、文句だけを言うことになりがちでしょう。

コミュニケーションが取れる空間が必要なのです。

もちろん、住んでいる人たちの考え方も重要です。

自分が気持ちよく過ごしたいと思うなら、相手に対しても寛容になるべきです。

ただ、いつも文句を言っている人も少なくありません。

あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

これからマンションを購入しようと考えているなら、少し管理について考えてください。

自分はどうしたいのかと言うことです。

マンションの管理会社の口コミ

マンションの管理はプロに任せた方がいいと思う人が多いので、管理会社を利用することになります。

住民による管理組合の業務を管理会社に委託するのです。

ただ、選んだ管理会社が妥当かどうかの判断は難しいでしょう。

そこでインターネットで口コミを見てみましょう。

管理会社の評判を知ることができるからです。

もちろん、大手の管理会社なら全国展開をしていますから、口コミサイトでもたくさんの情報を入手することができます。

しかし、中小の企業では必要な情報がないケースもあります。

日常的な管理会社の対応を見て判断することになります。

管理費用が高いとか、対応が悪いと言う漠然とした印象だけで管理会社の評価をすべきではありません。

管理費用は相場があります。

マンションの規模や周辺の地価など、いろいろな要因があって管理費が決められているのです。

管理会社もビジネスですから、大幅に安い管理費ではやっていけません。

また、管理費を無理に下げてしまうと、管理の質が低下する可能性もあるのです。

トラブルの多くは夜中に大声を出すとか、収集日でもないのにごみを出すと言った住民の行動に関することです。

トラブルの対応は本来なら住民同士で解決すべきことなのです。

それを他人に任せているのですから、一定の報酬を払うのが当然でしょう。

それでも対応に不満があるなら、管理組合の中で十分話し合いましょう。

管理会社との契約を変えることも可能ですが、強引にすべきではありません。

マンションの管理会社のポイント

分譲マンションの購入者も、賃貸マンションのオーナーもいい管理会社を選ぶことが重要です。

では、どのような管理会社がいいのでしょう。

まず、管理会社の役割を考えてみましょう。

トラブル対策は当然ですが、日常的な清掃作業、建物の痛み具合などのチェックも行わなければなりません。

住民から申告がないと何もしない管理会社は避けるべきでしょう。

トラブル対応も的確にできるかは重要です。

住みやすいマンションとはトラブルがないことです。

もちろん、住民によってはトラブルメーカーと思われる人もいるでしょう。

どこのマンションでそのような人は必ずいます。

緊急時の通報などは当然でしょう。

住民同士の協力ができていないマンションでは管理組合の総会などが必ずと言っていいほどトラブルとなります。

日頃の不満を総会で訴えるからです。

内容によっては、常識外れのような不満もあります。

これをうまくさばくことが重要な管理なのです。

管理会社はたくさんあります。

インターネットなどで調べてみるといいでしょう。

管理会社はたくさんのマンションを管理したいと考えていますが、それには限界があります。

快適な暮らしができるマンションにしたいものです。

そのためにあなたにできることを考えてください。

周りの人に迷惑をかけないことは当然ですが、気兼ねなく暮らすことができるマンションがいいですね。

マンションの管理会社を選ぶポイントをしっかりと押さえることが重要なのです。

マンションの管理会社のトラブルとは

社会生活の形態は違っていても、トラブルはつきものです。

マンションの場合は特にその傾向が強いでしょう。

管理組合や管理会社が運営をしていますが、トラブルをうまく捌くことが重要です。

いい加減な管理会社のために、住民が迷惑をするケースもあります。

管理会社はオーナーから委託を受けて、管理を行っています。

しかし、その実態は管理会社に任されているのです。

具体的な管理手順がどうなっているかを知ることが大切でしょうが、一般住民にはそれはわかりません。

オーナーが選んだ管理会社ですから、後は任せるしかありません。

ただ、マンションの良否を判断するポイントとして管理会社をチェックすることは重要なのです。

マンションに住む人にとってトラブルとなるのは、住民同士のいさかいです。

大きな問題とならない場合でも管理会社に申告があるのです。

申告があれば何らかの対応をしなければなりません。

放置していることが管理会社の怠慢と取られることもあるからです。

夜中の騒音、共用施設の不正利用など常識的に見ても問題行動とみられる場合の対応は簡単でしょう。

しかし、住民の中にはいろいろな人がいます。

トラブルメーカーへの対応が重要となるのです。

気持ちよくマンションで暮らしたいと思っている人にとっては、スムーズな管理を求めたい気持ちが強いでしょう。

マンションの管理会社についてインターネットで調べてみましょう。

いろいろなトラブル例が掲載されています。

マンションの管理の費用

マンション管理のためにはお金がかかります。

管理会社と契約をして、必要な費用を払うことになります。

マンション住民同士のトラブル対応なども管理会社の仕事となっています。

昔と違って、現代のマンションではお互いに干渉しない生活がいいとされています。

もちろん、迷惑をかけることは論外ですが、適度な近所付き合いは生活の質を上げると考えられます。

それさえも否定する社会的な雰囲気が強いため、マンションのトラブルが増えるのです。

住民が適度に寛容になることが大切でしょう。

日常生活を快適に送るためには、どのようなことをすればいいのかマンションの住民が考えることが大切です。

具体的なマンション管理会社の費用を紹介しましょう。

あまり高い管理費は考えなければなりませんが、相場であれば受け入れるべきかもしれません。

極端に安い場合は管理の質の低下が懸念されるからです。

全国的な平均の数字では20個以下のマンションの場合、管理費は1戸当たり1万3千円です。

これが一月の金額ですから、高いと思う人もいるかもしれません。

マンションの規模によって費用は違ってきます。

500戸以上になると7千円に下がります。

それでも管理会社の取り分は大きくなるのです。

これが相場と考えてください。

ただ、管理費を減らすための工夫をすることは可能です。

住民で作る管理組合で一部の作業を行えばいいのです。

例えば、掲示板の管理、廊下の電灯のチェックなど、簡単にできることがたくさんあるのです。

マンションの管理会社の実績

マンションは日本中にありますが、その中のどれくらいの管理を一つの管理会社で賄っているのでしょうか。

もちろん、管理会社の規模によって、管理するマンションの数は異なります。

あなたが管理会社を選ぶ時にその実績で判断しているでしょうか。

多くのマンションを管理している会社の方が信頼できると思うからです。

日常生活において、マンション内でのトラブルは日常的です。

大きな問題になる前に適切な対応をすることが管理会社の良し悪しと思いませんか。

ただ、その良し悪しを見極めることは非常に困難です。

マンションでもその地域の風土や住人の質などがトラブルに大きく関係しているからです。

昔から住んでいる一般住宅の中にマンションができた場合、特にトラブルの種が潜んでいると言われています。

マンション管理の実績が多い管理会社なら分譲する前から、そのことを十分考えています。

つまり、トラブルを未然に防ぐ方法を知っているのです。

すべてのトラブルを防ぐことはできないとしても、その何割かを減らすことができれば、住民にとっては非常に暮らしやすいマンションと言うイメージが強くなります。

管理会社の株も上がることでしょう。

インターネットで管理会社のランキングを見ることができますが、大手企業でも全国で同じレベルの管理ができるわけではありません。

したがって、ランキングは参考程度と考えてください。

大規模なマンションになると、住民の数も増えますから、トラブルも増加傾向になります。

マンションの管理会社の注意

マンション内のトラブルなどを防ぐために管理会社に管理を委託することが多いのですが、注意しなければならないことがあります。

それは管理組合の委託を受けて管理会社が業務を行うと言うことです。

管理組合と管理会社のトラブル例では、管理会社の対応がまずかったことで損害が発生した時に管理組合に対して賠償責任を負うかどうかが争われています。

委託業務では特別な落ち度がない限り、賠償責任は発生しないようです。

ただ、自分たちのマンションが致命的な損害を受けた場合は、裁判で争うことになるかもしれません。

マンションには必ず共用部分があり、それは住民すべての共有財産です。

また、管理会社を選ぶことも管理組合によって行われます。

住民は管理組合に加入することが義務付けられていますから、住民が管理者としての責務を負っているのです。

一般的な住民同士のトラブルなどは取るに足らないことになるのです。

あなたの階上に住民の音がうるさいとしても、それを問題することは周りの人の賛同を得ないかもしれません。

どこまでが許容範囲となるかは明確ではありませんが、一般的な常識と言うことが過去の裁判でも判断されています。

これらに詳しい管理会社であれば、住民に対する説明も適切に行うことができるでしょう。

適当な管理会社を選んでしまうと、それだけでマンションの勝ちは下がります。

そのことを十分理解しておきましょう。

間取りばかりを気にするのではなく、そこに住んだ後のことを考えてください。

1 2





日々、お役立ち情報を記事にしてまとめております。皆様から「ためになった!」と思われるようなまとめサイト作成を心がけております!

このまとめに参加する