1. まとめトップ

偽善者の心理 「メサイア コンプレックス」って知ってる?

救世主妄想、キリストコンプレックス、メサコン

更新日: 2018年12月26日

51 お気に入り 183857 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senpuki.goさん

メサイアコンプレックスって?

メサイアコンプレックス(英: Messiah complex)とは、キリストコンプレックスまたは救世主妄想とも呼ばれる

メサイアコンプレックスの状態になると

好ましい心理なの?

「人を救おうとする」という点において、一見するとメサイア・コンプレックスが由来の行動は好ましいようにも思えます。

「困っている人を救いたい」
「人類の幸せのために尽くしたい」

というように、「人の役に立ちたい」と思う気持ちは、とても尊いですよね。でも、その動機の裏に抑圧された欲求や感情があると、ちょっとやっかいなのです。

自分の為に人を利用している

実は自分が救われたいが為に、人を救おうとしたり、人のために何かをしようとするコンプレックス

「自分が救われたいから他人を救う」「人を助けることで自分の存在意義を確認する」「他人を救うことで優位に立とうとする」などの行動を取るようになります。

こういう人は、「やさしさ」によって人の役に立ちたいと思っているわけではありません。「自分や現実を変えたいから」「自信をつけたいから」「感謝されたいから」という、自己中心的な動機が先に立っているのです。

メサイアコンプレックスの問題点

本人は正義だと思っていたり自分は相手を救っていると思い込んでいるのでトラブルを生みだし、周りを不幸にしていくのでコンプレックスの中でも非常に解決が難しい共依存的心理でメサコンとも言われます。

メサイア・コンプレックスに突き動かされた行動は、相手がありがた迷惑と受け取る場合が少なくありません。助けられる側からすると、一応ありがたいことではあるけれど、本当にこちらのことを思っての行動ではなく、自己満足であることが明らかな行動である場合が多いです。
 また、本当に相手のためを思っているわけではないので、相手がその援助の申し出を断ったり、注文をつけたりすると不機嫌になったりします。

こころの病理との関連

メサイアコンプレックスという言葉は精神障害の診断と統計マニュアルには記されていないが、この障害の症状は誇大妄想に苦しむ個人に見られるものと色濃く類似している。この種の妄想的信念は、双極性障害や統合失調症をわずらう患者に最も多く報告されている。

まるで自分自身が救済者になっているかのような誇大妄想にかられ、統合失調症の1つのかたちとして現れるともいわれています。

幼少期の家庭環境などから、自尊心が傷ついている場合が少なくありません。

メサイア・コンプレックスの人によく見られるのが、自分に対する強い「劣等感」と、自分を取り囲む環境や現実に対する「嫌悪感」です。今の自分を愛せないし、自信がない。家族も、自分が住む社会もキラい。

1 2