1. まとめトップ

日本古来からの香味野菜ミョウガの食べ方・レシピ

日本古来より食べられてきた数少ない香味野菜であるミョウガの調理方法やレシピの紹介まとめです。

更新日: 2017年04月28日

5 お気に入り 2088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

ミョウガとは

ミョウガ(茗荷、蘘荷、学名:Zingiber mioga)はショウガ科ショウガ属の多年草。食用として利用される。
花穂および若芽の茎が食用とされる。

「花みょうが」は、晩夏から初秋にかけ発生し、秋を告げる風味として喜ばれ、一方「みょうがたけ」は春の食材である。

独特の香りが好まれ、また特有の紅色が目を楽しませる。これにより香辛菜として蕎麦・素麺・冷奴などの薬味として利用される。そのほか、天ぷらや酢の物、味噌汁の具など、独立した食材としても用いられる。夏が旬の野菜である。 農家では、山椒・ミツバとならび、果樹園・裏庭・屋敷林の木陰に、薬味として、育てておく代表的な植物である。

俗に「食べると物忘れがひどくなる」と言われているが、学術的な根拠はなく、栄養学的にそのような成分は含まれていない。逆に近年、香り成分に集中力を増す効果があることが明らかになっている。無機成分では窒素とカリウムが多く含まれ、食物繊維(粗繊維)が多い。

ミョウガタケは、土を盛るなどして偽茎と呼ばれる葉の部分を軟化栽培した竹の子のようなものです。

ミョウガ料理

ミョウガは生食できるので、花穂の部分を甘酢につけて食べます。

葉よりもシャキシャキ感が強く、主に歯ごたえを楽しめます。

ミョウガは薬味としても優秀で、ナスのような香りの強い野菜とよく合います。

ネギやシソ、ゴマなどと合えるだけでさっぱりとしたおいしいサラダになります。

シンプルだけおつまみなどにおいしい。

ピリリといい薬味になり豆腐の味が深まります。

さっぱりしておいしい野草寿司です。

ミョウガがいいアクセントになります。

動画

1 2