1. まとめトップ

ヒラヒラに憧れて!女の子の産み分けが叶う方法5つまとめ!

これまで産み分け法と言えば、科学的な根拠の乏しい占いや陰陽道に頼ったものがほとんどでした。しかし、近年では産み分けを実践する産科も増え、100%の確率には及ばないものの科学的根拠に基づいた安全な産み分け法が確立されつつあります。

更新日: 2015年07月31日

shoko21さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 12633 view
お気に入り追加

男女の産み分けって?

これまで産み分け法と言えば、科学的な根拠の乏しい占いや陰陽道に頼ったものがほとんどでした。
しかし、近年では産み分けを実践する産科も増え、100%の確率には及ばないものの科学的根拠に基づいた安全な産み分け法が確立されつつあります。

既に欧米では100%に近い産み分けが可能となり、パートナーの同意の上、実践されています。

女の子の産み分けを叶えたい・・・・!

男性が男の子を欲しがるように、女性も同性である女の子を欲しがる傾向にあります。
特に二人目は女の子をと切に願う方が多いのも頷ける気がします。

中国では一人っ子政策から跡取りとして男性を望むことが多く、2008年の中国の男女比の調べでは、2020年頃には男性余りになるようです。

1.排卵日に合わせた女の子の産み分け方法!

女の子を希望している方は、排卵日の2日前を基準にセックスする事で確率が高くなります。

精子には「X精子」と「Y精子」があり、それぞれ特徴が異なります。


X精子は酸性に強く「女の子が生まれる」傾向が強いです。


Y精子はアルカリ性に強く「男の子が生まれる」傾向が強いです

2.産み分けゼリーを使う

また産み分けゼリーを使うのも方法の一つです。

女の子用と男の子用があり、膣内の酸性度・アルカリ度を高めてくれる手助けをしてくれます。

産み分けゼリーは「ピンクゼリー」と「ハローベビーガール」が多く使われています。

どちらも同様の成分仕様のようですが、使う前に湯煎で溶かさなくてはいけない事や、シリンジを洗って再利用する「ピンクゼリー」と比べ、面倒な作業もなく、ゼリーもシリンジも一回ずつ使い捨てできる「ハローベビーガール」の方が衛生面的にも安心だと思います。

3.ライム洗浄!

小さじ1杯ぐらいビデの水を捨てて、絞ったライム果汁を小さじ1杯いれました好


それを軽くシェイクして混ぜます

4.お酢を使う

お酢を薄めたもので膣内を洗浄すると女の子の確率がアップするって知ってますか?

「お酢で膣内を洗浄!?」

「そうです。お寿司に使うお酢です。飲むと体が柔らかくなるというあのお酢です。」

産み分けに興味があるならご存じだと思いますが、女の子のX精子は酸性に強いので、膣内が酸性になればX精子が生き残って卵子とくっつく可能性がアップします。

出典http://産み分け.biz/girl/761/

関連まとめ

精子の数が増えると、Y精子の比率が高くなります。そのため、精液をあまりため込まないよう、3日に1回のセックス、少なくとも1週間に1回は射精することが、女の子の産み分けには望ましいと言われています。
X精子は、Y精子に比べて酸性に強いという特徴があります。そのため、女性がオルガスムスを感じると、アルカリ性の粘液が分泌され、膣内が中性に傾いてしまい、Y精子にとって動きやすい状態になってしまうため、女性があまりオルガスムスを感じないような、刺激の少ない短時間のセックスにとどめるのが良いでしょう。

5.排卵日2日前にセックスをする

1





shoko21さん

気になることをちょこちょこまとめています(^^)