1. まとめトップ

世界3大商人の華僑民族の一部しか知られていない【華僑の方程式】がすご過ぎる

世界三大商人華僑民族は世界を代表する大富豪や要人を何人も輩出しています。華僑出身の大富豪が成功したのにはある法則がある。それが『華僑の方程式』というものらしい。

更新日: 2015年07月31日

1 お気に入り 7005 view
お気に入り追加

世界3大商人って知ってる?

世界の三大商人とは、華僑、印僑(インド商人)、ユダヤ商人
と言われている。
華僑とユダヤ商人は世界中で活躍し、インド商人も中東アジアや
アフリカ地域で広く活躍している。

この人たちは、基本的に異国の地で商売を行っている。

そして三大商人の共通点は
・商才に優れ、異国の地でも頭角を現す
・キャッシュしか信用しないから現金取引
・投資回収は3年ぐらいで、資金運用はスピード第一

なんで世界3大商人と呼ばれるようになったの??

長い歴史の中でひとたび戦争や動乱が起これば、異国人の彼等は
人種迫害を受け、財産を没収され国を追い出されることもしばしばであった。
広大な邸宅も高級な家具・調度品も持ち出すことはできない。
彼等がどこでも通用する現金しか頼りにしなくなったのも、
あらゆる難事を経験してくれば当然だろう。

したがって彼等は現金商売を主とする業種を選び、ゲンナマ
(各国の現地通貨よりも世界に通用する金・ドル・宝石)を重要視する。

この個人主義のかたまりのような民族は、日本人のように地域に密着して
連帯しているような農耕民族とはまったく価値観が異なる。

つまり戦争の歴史がそうさせたってことです!

今回注目するのはこの世界3大商人筆頭の華僑民族について!

華僑はマイノリティながら、同郷者で形成されるコミュニティーと、これをもとにした同業者の集団ができあがり、現地の経済・政治に大きな影響力を持つことが多い。同業者の集団ができあがるのは、先行して商売を始めた経営者が、同郷の人を雇い、やがては独立して同業を行うことが繰り返されやすいことによる。経済的に実力をつけると政治面でも力をもつようになり、政治面での例としてタイの王室・タクシン元首相及びその妹であるインラック現首相(2012年12月現在)、コラソン・アキノ元フィリピン大統領、ミャンマーのネ・ウィン元首相、テイン・セイン大統領(2012年6月現在)は華僑の血を引いている。

タクシン・チナワットは、タイ王国華裔客家人、タイ王国出身の実業家、政治家。拓殖大学客員教授。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFC元会長である。本名:邱 達新。首相(第31代)、下院議員を務めた。元警察官僚である。タイ北部のチエンマイの出身、チナワット家の出である。第36代首相のインラック・シナワトラは妹。

華僑出身者には大統領をはじめ、世界の要人や高額長者番付に入っている人も多数います。

華僑出身の大富豪たち

李嘉誠(り かしん、Sir Li Ka-shing GBM KBE Commander, 広東語:Li Ka Shing, 1928年6月13日 - )は、香港最大の企業集団・長江実業グループ創設者兼会長である。2013年度世界長者番付によれば、その資産は310億米ドルとされ、世界8位の富豪である。香港及び東アジア全域で最も富裕な人物であり、華人としては世界最大の資産家である。

孫 正義(そん まさよし、1957年8月11日- )は、日本の実業家、資産家。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンク株式会社代表取締役社長、ソフトバンクモバイル株式会社代表取締役会長、福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。

安藤 百福(あんどう ももふく、1910年3月5日 - 2007年1月5日)は実業家、発明家。位階は正四位。勲等は勲二等。世界の食文化となったインスタントラーメン産業の創始者で、「チキンラーメン」と「カップヌードル」を開発した。日清食品株式会社の創業者。

これらの大富豪にはある1つの共通点があって、それが『華僑の方程式』というものらしい・・・

世界3大商人の筆頭にあげられる、華僑民族。
その華僑民族には代々、一部の人間しか知りえない
稼ぐために特化した『華僑の方程式』と言うものがあるらしい。

ただ、『華僑の方程式』は存在自体が極秘であるため、決して表には出てこない。
そして、この法則を知っている者は皆、すべからく商業で成功している。

華僑民族の『トップシークレット中のトップシークレット』なのだ。

なるほど・・・やはり大富豪になる人は昔から決まってるという事ですね (-""-;)ムム・・・

1





launch20150518さん