1. まとめトップ

【2017年版】DE ROSA(デローザ)の最新情報【ロードバイク】

■ブランド:イタリア ■代理店:日直商会 ■使用プロチーム:NIPPO Vini Fantini De Rosa(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)

更新日: 2017年03月07日

hukukenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 192319 view
お気に入り追加

▼DE ROSA(デローザ)を使用している自転車チーム

▼漫画、アニメでDE ROSA(デローザ)に乗っているキャラクター

▼2017年モデル

▼PROTOS(プロトス)

チームカラーの明るいオレンジとバーミリオンレッドをメインカラーとした鮮やかなグラフィックは、とくにプロトンのなかでの視認性を優先してセレクトされた。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥770,000
重量:970g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥680,000
重量:970g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥680,000
重量:970g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥680,000
重量:970g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥680,000
重量:970g(フレーム) タイヤ:N/A

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥680,000
重量:970g(フレーム) タイヤ:N/A

ジロの難関山岳ステージを制しているこのバイクは、当時としては革新的だったユニディレクショナル・カーボンファイバー(単一方向性カーボン繊維)を用い、圧倒的な軽量化と高剛性を実現したバイクだ。

今回のモデルチェンジによって3代目となり、より美しく、より速く生まれ変わっている。直線を基調としたフレームデザインは前作を踏襲しつつ、各チューブをシェイプアップ。

シートステーはシートチューブ外側からトップチューブに接続される形となりねじれ剛性を強化させつつ、横方向に扁平加工されることで垂直方向の荷重に関しては柔軟性を持たせ、快適性の向上を図っている。

▼KING XS(キング XS)

2001年に初代が登場して以来、ハイエンドレーシングモデルの1つとして数々のプロに愛用されてきた「KING」シリーズ。歴代モデルの特長である優れた運動性能に、空力性能や快適性をミックスさせたのが、6代目にあたる「KING XS」だ。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥410,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥410,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥410,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥410,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥410,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥410,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥410,000

▼SK Pininfarina Disc(SK ピニンファリーナ ディスク)

85年以上もの歴史を誇り、フェラーリのスポーツカーから2006年トリノ五輪の聖火台まで、幅広い品目を手がけ、デザインと機能を兼ね備えるプロダクトを世に送り出してきた「ピニンファリーナ」。このイタリア最大の工業デザイナー集団と、デローザとのタッグにより誕生したのが「SK Pininfarina」

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥(日本価格未定)

▼SK Pininfarina H2 (SK ピニンファリーナ H2 )

1 2 3 4 5 6 7





このまとめに参加する