吸血鬼カーミラ (創元推理文庫 506-1)

カーミラ

アイルランド人の作家シェリダン・レ・ファニュ氏が書いた怪奇小説。1872年に発刊された。

この作品に登場するカーミラはエリザベートがモデルだといわれている。

この情報が含まれているまとめはこちら

【血の伯爵夫人】と呼ばれた女エリザベート・バートリ

【血の伯爵夫人】と呼ばれたエリザベート・バートリ、彼女は吸血鬼伝説のモデルの一人と言われています。美しさを求め、連続殺人鬼になった彼女の最期はあまりにも無残でした。諸説入り乱れており、真実は闇の中です。そんなエリザベートについてまとめてみました。

このまとめを見る