1. まとめトップ
  2. 雑学

硫酸で大切な髪を洗ってない?市販シャンプーに潜む危険

市販シャンプーの多くの主成分を占める「ラウレス硫酸Na」や「ラウリル硫酸Na」。台所用洗剤などにも使われる洗浄力の必要以上の強さは、肌荒れなど頭皮のトラブルに直結します。いますぐお風呂場のシャンプーの成分表をチェック!

更新日: 2015年08月12日

313 お気に入り 47718 view
お気に入り追加

シャンプーの主成分に、なんだかヤバそうなものが…

毎日使ってるそのシャンプー、ヤバい成分入ってない!?

新しく買ったシャンプー、気のせいか体がピリピリする(._.) 考えすぎ? やっぱなんちゃら硫酸的なやつはだめねぇ。

シャンプーが泡立つ成分「ラウリル硫酸ナトリウム」 もし眼に入ったら、国立医薬品食品衛生研究所では 「数分間水で洗い流して(コンタクトレンズをはずして) 病院に行きましょう」と報告されてます。

昨晩、家にあるシャンプー並べて成分鑑賞しながらお風呂に浸かってたんだけど、硫酸系はもとより水酸化ナトリウムそのまま入ってるやつもあるんだね……

シャンプーの成分をみて「ラウレス硫酸」「スルホン酸」と書いてあるものはかなり刺激が強いです。どこまで気にするかという問題ではありますが。育毛に取り組む人にはおススメできませんね。

プロが「絶対使わない」NGシャンプー 1,石鹸系シャンプー 2,ラウリル硫酸塩系シャンプー 3,殺菌系シャンプー

シャンプーに含まれているヤバい成分

今すぐお風呂場のシャンプーの成分をチェックしてください!

「ラウリル硫酸Na」「ポリオキシラウリルエーテル硫酸塩」「ラウリル硫酸K」「ラウリル硫酸TEA」「ラウリル硫酸アンモニウム」「ラウレス硫酸Na」「ラウレス硫酸TEA」「パレス-3硫酸Na」「パレス-3硫酸TEA」
これらは高級アルコールと硫酸化剤でできており、脱脂力、気泡力が非常に強いのが特徴です。

※ここでいう「高級アルコール」というのは高価、高品質という意味ではありません。

粗悪な洗浄薬品の代表格が『ラウレス/ラウリル硫酸Na』などのAES系界面活性剤。これは石油製品をつくったときの産業廃棄物のようなもので、原価はゴミクラス。

原価が安いため、安いシャンプーの主成分はほとんどの場合これらです。

市販のシャンプーの多くには、ラウリル硫酸○○・ラウレス硫酸○○が入っています。その名の通り【硫酸系洗浄剤】と言われるもので、車の洗浄やキッチンの食器洗い洗剤にも使われる強力な油落とし成分です。

硫酸は非常に強い酸-皮膚や髪(タンパク質)を変性させてしまう刺激の強い成分です。

硫酸系洗浄剤とセットで使われるのが【シリコン】。落としすぎてキシキシ・パサパサになった髪の毛をシリコンで覆って誤魔化すためです。

よくある要注意成分① 「ラウリル硫酸Na」

ラウリル硫酸Naはアニオン界面活性剤(洗浄剤)の一種で、泡立ちが良く、強い洗浄性があり、安価に製造できるので、一般向けのシャンプーに良く使われている成分です。

ラウリル硫酸ナトリウムとは泡立ちを良くするための洗浄剤です。市販のシャンプーで使われる一般的な洗浄成分ですが、これは旧厚生省が「ここまでに安全性に問題があり、皮膚障害を起こすおそれのある成分」と定めたシロモノです。

必要以上にバリヤである皮脂などを落としてしまい、肌や髪を乾燥させ、無防備な状態にしてしまいます。

刺激性の強い成分のため、肌荒れや頭皮の痒みの原因になります。

高い濃度のものを皮膚につけっぱなしにしていると、皮膚炎などが起こる可能性がある、と指摘されています。また、目などに入った場合は、強い刺激をもたらすので、即座に洗い流す必要があります。

ラウリル硫酸というのは、冗談抜きで「肌荒れを起こす」洗浄剤だったりします。
これは歴史からも実証されている事で、その浸透性の高さから、かゆみや、頭皮荒れを起こす人があとを絶たず・・・
今ではシャンプーや化粧品に配合されている事は稀です。

ごく一部の製品を除いて、さすがに現在はラウリル硫酸Naを使用している製品は少なくなっています。

P&Gは未だにこのラウリル硫酸を使い続けている数少ないメーカー。画像は「ヘアレシピ」の成分表ですが、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naが主要成分に…。

よくある要注意成分② 「ラウレス硫酸Na」

ラウレス硫酸は単に、ラウリル硫酸よりも安全性を上げた成分と思って下さい。

あくまで「ラウリル硫酸と比較したとき」に安全なのはラウレス硫酸です。

ラウリル硫酸Naの分子量を大きくして浸透性を抑えたもの。
ただし洗浄力・脱脂力は相変わらず高く、刺激もある。

ちょっと化学式が変わったからって、ラウリル硫酸系であることには変わらない。

その洗浄力の高さから乾燥を促進させ、痒みが出やすいので敏感肌や乾燥肌の場合特に注意が必要。

結果的に、髪の毛が軋んでしまいますので、それを補うためにシリコンが使われたりします。

なぜこんな成分が多用されているの?

髪や肌にとって有害であり、メリットは1つもない成分ですが、メーカーがこの成分をシャンプー等に配合する大きな理由に、「コストの安さ」が上げられます。

消費者にとっては安さ以外にメリットが何もない成分です。

早速,自分のシャンプーをチェックして「よかった。ラウリル硫酸ナトリウム入っていない」と安心した方もいるかもしれませんが,安心は禁物。
この成分は
ラウリル硫酸NA
ラウリル硫酸塩
ドデジル硫酸NA
などと表記されることもあります。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!