1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

iPhoneのバッテリーを消耗させているアプリを見つける方法

「なんだか最近、iPhoneの充電が減るのが早いな…」そんなお悩みを持っている方は、一度アプリのバッテリー使用状況を確認する事をオススメします。

更新日: 2015年08月03日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 11172 view
お気に入り追加

■iPhoneの充電がすぐ無くなっちゃう...

私のiPhoneの充電すぐなくなる('ω')三( ε: )三(.ω.)三( :3 )三('ω')

最近iPhone充電なくなるの早いよ〜使いすぎかな〜

■それ、もしかするとアプリのせいかも

寝ているうちに100%に充電したiPhone。通勤電車と昼休みくらいしか使ってないのに、家に帰ることにはバッテリーがピンチ...なんてこと、ありませんか?

最近急にバッテリのヘリが早いというのは、最近入れたアプリが原因かもしれません

あまり使っていないアプリが、バックグラウンドで無駄にバッテリーを消費している可能性もある

■iOS8以上のiPhoneなら、アプリごとのバッテリー使用状況が確認できます

iOS 8からは、新たに新機能として「バッテリーの使用状況」が追加されました

すると、各アプリがどれくらいバッテリーを消耗しているのか、一覧で表示される

■という事で、早速確認してみよう!

ホーム画面から「設定」アイコンをタップし、一般を選択します。

続いて、「使用状況」をタップします。

次に、「バッテリーの使用状況」をタップします。

バッテリー使用率の高い順でアプリが表示されます。
「7日以内」をタップすると、7日間の統計データも確認することができます。

使用率の大きなものから表示されるので、特にバッテリーを減らしているアプリを簡単に突き止めることができます

■バッテリー使用率の高いアプリ、原因はバックグラウンド更新かも?

「バックグラウンド処理」と表示されているアプリは、バックグラウンドでアプリが動作している事を示しています。

あまり起動していないはずなのに消費量が多いアプリは、バックグラウンドでバッテリーを消費している可能性が考えられます

Appのバックグラウンド更新を止めたいアプリをオフにします。すべて止めたい場合は、「Appのバックグラウンド更新」をオフにすればokです

■使用する機会が少ないのにバッテリー消耗が激しいアプリは整理しよう!

「バッテリーの減りが早いなぁ」とか思った時に、何にどれだけのバッテリーを使っているかが分かれば、節約することも可能になってくる

「このアプリ全然起動していないのにバッテリーの消費量が多いなー」と感じる場合はアンインストールしてみるのも良いかもしれません

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう