1. まとめトップ
  2. カラダ

甘いもの好きでもOK!チョコレートでダイエット出来る♡

ダイエット中も甘いものが我慢できない、お菓子が食べたい!という人におすすめなのがチョコレートダイエット。食前に食べて食欲を抑える効果や、リラックス出来てストレスなくダイエット出来ちゃいます。そんなチョコダイエットの効果と方法を紹介します。

更新日: 2015年08月06日

noho3nohoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
603 お気に入り 264085 view
お気に入り追加

甘いものがやめられない人こそ、チョコでダイエット!

チョコレート=ダイエットの的、太ると思われがちですが…。

疲れた時、甘いものが食べたい時、つい口にしてしまうチョコレート。ダイエットの大敵として敬遠されがちですが、これがダイエットに良い!

甘いものが大好きな女性はたくさんいますが、そんな皆さんに最適なのはチョコレートダイエット。

実は栄養がいっぱいで、ダイエットに効果のある食べ物なんです。

食欲のある人は食前に、食事の量を減らしたいときは食べ終わったあとに甘いもの好きには魅力的なチョコレートダイエット。

ダイエッターの多くは甘いものを我慢しがちですが、そのような生活を続けていると、ストレスによるリバウンドも起こってしまいます。そんな時はチョコレートダイエットをして、精神的にもリラックス!

秘密はチョコレートに含まれるカカオのおかげ!

チョコレートの主成分と言えば「カカオ」ですよね。
実は栄養豊富なのです。

カカオは元々外国では薬の変わりになるくらいにバランスの良い栄養素がたっぷりです。

カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。

カカオは脂肪が付きにくい!

カカオ自体は太る食べ物じゃないのです。

同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくいと言われています!

「チョコレートは肥満の大敵では?」と心配される方がよくいますが、カカオ豆に含まれるカカオバターの脂肪分は吸収率が低く、体脂肪になりくいことが実証されています。

確かにチョコレートそのものは高カロリーなのですが、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

特に注目したいのがポリフェノール♪

アンチエイジングなど、色々な効果があるポリフェノール。

ポリフェノールは健康にいい効果がたくさん!
そして、ダイエットにも良い成分!

チョコレートに含まれるポリフェノールで血流も良くなり、冷え症の改善に繋がる事で代謝が良くなる

ポリフェノールには血液をサラサラにして代謝を上げてくれる働きがあるので、ダイエットにも◎。

甘いものを食べれて、ストレスフリー♡

ダイエット中に甘いものが食べられるし、
ポリフェノール自体にもストレスに効果があるんです。

チョコレートには甘い香りとうれしい味わいが幸福感をもたらすだけでなく、精神を安定させて気持ちをリラックスさせる効果もあります。

心と体のストレスに対する抵抗力を強めるのでダイエット中のイライラ防止にも役立ちます。

カカオポリフェノールは、身体的ストレスにうまく適応したり、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑えたり、精神的なストレスに対する抵抗力を強めることができます。

便秘解消にも効果がある

チョコレートに含まれている食物繊維が便秘解消に役立ってくれる!

チョコレートには食物繊維が含まれているため、便通を改善することで肥満防止に役立てることができます。

1 2 3





ダイエット、料理レシピ、100均系、インテリアアレンジ、ファッションなどなど、
色んな事まとめてます。
よければ参考にして下さい。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう