1. まとめトップ

面接官が魅力的に感じる!?面接の逆質問の回答実例大量まとめ

面接官に高評価の逆質問の実例・回答例の大量まとめです。就活の面接で「最後に何か質問はありますか?」と面接官から聞かれるが多いですが、多くの就活生が苦手意識この「逆質問」に苦手意識を持っています。社長や面接官、人事、リクルーター、OB訪問にて行うべき逆質問の実例・回答例をまとめました。

更新日: 2020年04月12日

80 お気に入り 729615 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

面接の逆質問「最後に何か質問はありますか」へ的確に答える方法

面接の逆質問「最後に何か質問はありますか」
多くの就活生が苦手意識を持つ「逆質問」ですが、実は最も企業にアピールできる、そしてほかの就活生と差別化できるポイントでもあります。今回はそんな「逆質問」を乗り切るためのコツをお伝えします。

ヒューマンデザイン総合研究所
http://career-information.com/3794

就活の面接で「最後に何か質問はありますか?」と面接官から聞かれることがありますよね。

就職活動の面接において一通り面接官からの質問を受けたあと、最後に聞かれる「なにか質問はありますか」の問いかけ。一般的には「逆質問」等と呼ばれています。

突然の問いかけに対して頭が真っ白になり「特に何もありません」では、あまりにもったいないですよね。この質問は、その企業への興味・関心の強さを示すチャンスです!事前にポイントを整理し、最後のアピールタイムを有効活用していきましょう。

多くの学生は「特にありません」と答えて終わらせてしまっています。しかし、この「最後に何か質問はありますか?」に「特にありません」と答えるのは大きな機会損失です。「最後に何か質問はありますか」と聞かれた時の的確な回答法を質問例文つきで解説いたします!

ポイントおよび質問例をあげておきますので参考にしてください!
では、まず、なぜ企業が「最後に何か質問はありますか?と聞くのかを考えてみましょう。

ヒューマンデザイン総合研究所
http://career-information.com/3794

「逆質問」は、なによりも「熱意=入社意欲」を伝えられるチャンス

会社に対して興味があるかどうかを知りたい
会社に対して興味があれば、当然、質問が何個もあるはずです。だから、「何か質問はありますか?」と聞かれて、「ありません」というのは、「あなたの会社には興味がありません」というようなものです。きちんとした質問ができるかどうかを見て、学生が企業を本気で志望しているかを知りたいのです。この「最後に何か質問はありますか?」に「特にありません」と答えるのは大きな機会損失です。

ヒューマンデザイン総合研究所
http://career-information.com/3794

企業側は逆質問をする際、「本当にうちを志望しているのなら、知りたいことがたくさんあるはず」と考えます。ですので、逆質問で「特にありません」と答えてしまうと「この子は本当にうちに入りたいのか?」と印象を悪くしてしまう可能性が高いです。

逆に言えば、この逆質問は、企業に対する「熱意」を伝える絶好のチャンスです。しかも、自分の方から質問できるわけですから、自分のペースで話ができます。鋭い質問をすれば、企業側も「なかなか鋭いな」と地頭の良さに感心してくれます。このように、逆質問を通して能力的な素養をアピールすることもできます。

もちろん、本当になければ「ありません」と答えて大丈夫です。ですが、その際にも「●●さんや●●さんなど、色々な方にお話をお伺いさせて頂きましたので」のように、企業分析を徹底してきたことが伝わるコメントを添えておくのが無難です。

http://career-information.com/3753

面接の逆質問をする際のポイントおよび注意点

逆質問をする際のポイントおよび注意点
就活生の多くが、この逆質問を嫌煙する傾向が強いのも事実です。それはおそらく「何を尋ねたら良いのか分からない」「こんなことを尋ねても良いのか不安」という理由からかと思われます。

ヒューマンデザイン総合研究所
http://career-information.com/3646

■【ポイント】
質問をする際の大前提として、面接官の役職・立場により、チェックしているポイント・質問すべき内容は異なることを意識してください。人事担当者であれば人間性や就業意欲、会社との相性。現場の社員であれば経験やスキル、職場とのフィット感。経営者であれば、入社意欲や仕事への覚悟、投資価値など。それぞれが評価するポイントを想定し、準備していきましょう。



■【プラスα】
可能な限り自分の考えをプラスアルファすることを意識しましょう。聞く前に、自分で調べ、考えることも大切です。例えば、「今後力を入れていく事業および戦略について、差し支えのない範囲に伺うことは可能でしょうか」を質問とする場合は、「事業戦略についての質問なのですが、●●業界の現状を調べたところ▲▲であることがわかり、貴社の■■事業とシナジーが生まれると考えました。この件についての御社の見解と…(予定していた質問)」



■【注意点】 給与、福利厚生、ネガティブ情報(離職率、平均残業時間、業績低迷等)、HPやパンフレットに載っている情報等についての質問はあまり喜ばれる質問ではありません。特に選考の早い段階では避けた方が無難です。



■【質問以上に大切なこと】 どんなに良い質問を投げかけたとしても、それに対して適切なリアクションが取れないと効果は半減します。質問の背景には意図があるはずですよね。質問を求められたから、仕方なく…では意味がありません。「はい」、「そうですか」ではなく、返答に対してさらに深掘りをしてみたり、自分なりの感想をお礼と共に伝えましょう。質問を投げかけて燃え尽きてしまわないでくださいね。会話はキャッチボールですよ!(喋り過ぎに注意)

以下略

記事全文は↓の記事を参照
「【面接対策】 人事担当者を唸らせる 面接官への逆質問」
http://www.shuupura.com

その前に!!逆質問でタブーな質問とは?

逆質問を無理に行うくらいならしないほうがマシ!?
答えにくい質問をしても、満足の行く回答は返って来ません。ならしない方がマシです。答えにくい質問は3種類あります。


http://career-information.com/3753

相手が答えにくい質問はしない

 答えにくい質問をしても、満足の行く回答は返って来ません。ならしない方がマシです。答えにくい質問は3種類あります。


1.給与・福利厚生・労働環境
たいていはネットで転職情報サイト、キャリコネなどを検索すれば出てくるものです。デリケートな面や企業によっては自信をもって答えることのできないところもあるでしょう。


2.経営に関する質問
「御社の今後の戦略を教えて下さい」といわれても、たいていの面接官は答えられません。なぜか。平社員だからです。さらに、人事は経営戦略立案とは関係のない部署です。聞いても彼らの意見が的をいていることは少ないでしょう。だから、役員面接以外では、経営戦略や会社全体の方向性などについては質問するべきではありません。あなたを面接しているのは、平社員にすぎないことを忘れないで下さい。なお、役員面接・社長面接では、むしろ積極的に経営に関する質問をしましょう。会社への意欲の高い学生だと評価してもらえます。


3.抽象的なクローズドクエスチョン
クローズドクエスチョンとは「はい」「いいえ」で答える質問です。たとえば、「やりがいはありますか?」と聞かれても「うんあるよ」で話が終わってしまいかねません。さらに、「やりがい」という言葉が漠然としすぎていて答えづらい。


質問はオープンクエスチョン、つまり5W1Hを聞く質問をしましょう。たとえば、「最も仕事で達成感が得られる瞬間はどんな時ですか?」のように、聞けば、答える範囲が限定されているので、相手も答えやすいでしょう。

以下略

記事全文は↓の記事を参照
http://kenjasyukatsu.com/archives/375

今回は、そんな面接で重要な逆質問の例を大量にまとめました!!

面接官に高評価の逆質問の実例大量まとめ
逆質問といわれたって思いつかないのが当たり前!!頭の回転が速い人でないと、とっさに深い質問はできません。ならば、用意しておきましょう。

その会社をしっかり分析した上で、2〜3個質問を用意しておいてください。OB訪問をしていれば、そこで見つかった疑問点をぶつけてみるのもいいでしょう。また、質問の際「やりがいはありますか?」「社風を教えて下さい」のような考え無くても聞ける質問は控えましょう。

ヒューマンデザイン総合研究所
http://career-information.com/3753

面接官に好印象の逆質問の実例(1)

●商品・サービスに関する質問例
・新製品・新サービスと既存のもののレベルアップとではどちらを優先していますか。
・現場から何かアイデアを得た際に、それを共有させて頂くことは可能ですか。
・お客様からの改善要望はどのような内容が多いですか。

●企業の今後についての質問例
・事業別売上構成では◯◯が一番シェアが高いようですが、次の柱にしたい事業はなんですか。
・今後力を入れていく事業および戦略について、差し支えのない範囲に伺うことは可能でしょうか。
・既存顧客のインナーシェアアップと新規開拓の比率はどのようにお考えですか。
・今直面されている課題は何ですか。その対策はどのようなものをお考えですか。

●競合に関する質問例
・ベンチマークとしている企業はありますか。
・競合を押さえてシェアを拡大するための取り組みをお聞かせください。

●仕事内容&制度&風土等に関する質問例
・今回のポジションの一日のスケジュールを教えて頂けますか。
・情報共有のためのミーティングなどはどれくらいの頻度で開催されていますか。
・研修やスキルアップなどの機会は、どのようなものがありますか。
・職員の意識向上や組織開発のために取り組まれていることはありますか。
・何か改善を思いついたら、意見しても許される環境でしょうか。
・働く上で強く意識・心がけていることはどのようなことでしょうか。
・活躍されている方々の特徴を教えてください。
・内定を頂いた場合、入社までに学んでおくべきことがあれば教えてください。
・どのようなスキルを身につけておくと、仕事に役立つでしょうか。

面接官に好印象の逆質問の実例(2)

*「1日の仕事の流れを教えてください」

現場社員に向けた質問です。具体的な仕事内容を把握することで、やるべきことが細かく見えてきます。よく企画職やマーケティング職といった「花形職種」を志望する就活生にありがちなケースとして、その職種の綺麗な部分しか見えておらず、愚直な泥臭い部分を見落としてしまった結果、落選という失敗があります。仕事の大部分は泥臭い、地味な作業です。そうした仕事のリアルまで把握できている就活生は、企業からすると採用する上で安心感があります。入社後に「こんな仕事だと思わなかった」という不満を漏らす可能性が低いからです。


*「その仕事の難しさは、どんなところにありますか?」

これも現場社員向けの質問です。仕事には困難がつきものです。それを乗り越える上で必要な能力や適性が自分にあるのかどうかを、きちんと知っておく必要があります。企業からしても、どんな困難が待ち受けているのか事前に知っている就活生は採用する上で安心できます。これから待ち受ける困難に対して心と体の準備ができていると判断できるからです。


*「どんなときに、仕事にやりがいを感じますか?」

これも現場社員向けです。その仕事で得られる「やりがい」が、自分にとっても「やりがい」であるのかどうかは非常に大切です。そもそもその仕事から「やりがい」を得られない人は、決して長続きしないからです。企業も採用できません。その仕事で得られる「やりがい」が、自分にとっても「やりがい」と言えるのかどうかを見極めることは非常に大切です。


 ほかに現場社員向けの質問としては、

・仕事で常に心がけていることはなんですか?
・これまでにどんな辛いことがありましたか?
・それを乗り越えられたのは、なぜですか?

などがあります。このとき一般的な質問ではなく、その社員の体験や社風を聴き出すような質問がおすすめです。なぜなら、一般的な質問だと「それくらいは調べてくるべき」と思われかねないからです。

以下略

記事全文は↓の記事を参照
http://mycareer-centerweb.jp/article/2015/01/12/366_3.html

面接官に好印象の逆質問の実例(3)

■逆質問は「企業研究」の成果をアピールする

私事ですが、学生時代に某飲食チェーンの最終面接を受けた時、1日の仕事の内容や年間スケジュール等は勿論、「近所で運動会とか開催されると、発注の質も量も変更が必要だと思うんですが、そうしたイベント事の情報などはどう集めて、どう管理されてるんですか?」くらいまで突っ込んだことがあります。

最終的に内定を獲得したのですが、一番評価されたのが、その逆質問でした。

その時に人事の方から「仕事についてそこまで細かく質問してきた学生は他にいなかった」とコメントを頂いたことがあります。仕事内容以外にも様々な質問を色々な会社でしてきましたが、どこでも評価されたのは「仕事内容について」だけでした。

ただ、役員クラスと現場監督者クラスにする質問では当然、中身が変わってきます。現場のことを役員クラスに尋ねても、現場を離れているわけですから答え用がありません(答えてくれるとは思います)。現場社員、現場監督者には「仕事内容」について、役員クラスには「事業全体」について尋ねることがオススメです。

仕事内容については、上記の通り「ネットなどに出ていない、一歩踏みこんだ質問」を、事業全体については、最新のニュースを軸にすると、情報収集に積極的な姿勢もアピールできて一石二鳥かと思います。

それらと合わせて、面接官の日常の仕事模様などについても尋ねると良いでしょう。

以下略

記事全文は↓の記事を参照
「最終面接・役員面接で印象に残る逆質問リスト」
http://xn--1kr69rl7h0yh.com/

面接官に好印象の逆質問の実例(4)

◆スターバックス コーヒー ジャパンを例に、逆質問の作り方を見てみよう


一例として、スターバックス コーヒー ジャパン(以下、スターバックス)に対する逆質問を考えてみましょう。この場合、次のような点から逆質問を考えてみます。


・実際にスターバックスへ行ってみて感じたことを尋ねる
・スターバックスと競合を比較してみて感じたことを尋ねる


たとえば、スターバックスでは、たまに試供品を用いたコーヒーの入れ方のレクチャーなどを無料で受けられる機会があります。実際、これを書いているスタッフは吉祥寺のスターバックスでその機会がありました。ですが、ほかのスターバックスに入ったときに、そうした機会に出会したことがありません。となると、これは吉祥寺店のスタッフが販促施策として自主的に行っていたかもしれない可能性があります。


とすると「スターバックスは、店舗ごとにこうした施策を自主的に考えて運営しているのかもしれない」という疑問が湧きます。仕事では、そうした自主性が求められるのかもしれないという仮説が生まれますね。それ以外に、このスタッフが気になった点としては次のような点がありました。

「客が大量に注文しているのに、特にメモしたりする様子もない。オーダーはどうやって覚えているのか?」

「スターバックスやドトールコーヒーは食事を席まで配達するのほぼを見たことないけど、タリーズコーヒーやエクセルシオールは番号札を渡して、店員が席まで食事を運んできてくれる。この違いはなんであるんだろう?」

「みんな客が入ってくると、とりあえず顔も見ないで『いらっしゃいませ』って言ってることがあるけど、それってどうなんだろう?」

「タリーズコーヒーやエクセルシオール、ドトールで食事を頼んでいる人って多い印象だけど、スターバックスってほとんどいない気がする。実際、なにがどれくらい売れてるんだろう? 1人あたりの単価は安いのかな?」

「もし安い場合、客の回転率が重要になるけど、かなり長居する客とか、2人分の席を1人で使う客とか多い場合には、やっぱり声とかかけて譲ってもらったりするのかな?」

「スターバックスって、東京の西にはあんまりない気がする。タリーズコーヒーとかドトールコーヒーはあるのに。どんな戦略で出店してるんだろう?」

このように、店舗で目についた何気ない疑問を洗い出していくイメージです。どんなに些細なことでも構いません。

以下略

記事全文は↓の記事を参照
http://mycareer-centerweb.jp/article/2015/01/12/366_2.html

面接官に好印象の逆質問の実例(5)

■例1■
【御社の2,3年目の営業マンの方で最も優れた方はどんな方でしょうか?】
  
この質問は、仕事×スキルの逆質問です。
会話の流れとしては、
質問に対する回答があったのち、あなたの営業経験とその経験からのあなたの考えを述べる
といった流れになるでしょうか。

■例2■
【明日〇〇さん(担当者名)が御社を辞めるとすれば、次に仕事を行ないますか?】

こちらは、環境×マインドの少し高度な逆質問です。

会社を辞めた後どんな仕事を行なうか聞くことで、
実務レベルで「その会社でどのようなスキルが身に付くか」を判断したいという意図があります。
面接官の方も、この質問を受けた直後は「??」となりながら答えられると思うので、
その後こういった背景を説明すると、あなたの「成長志向」というマインドが良く伝わると思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

面接では最初と最後のイメージが強く残ります。
第一印象は大切とよく言われますが、意外に最終イメージの方が強く残ったりするものです。

面接の後ホッと一息ついてしまい、何か質問はありますかと聞かれて
「あ、大丈夫です。ニコッ」なんて答えていませんか?

もしそうであれば、是非活用していただければと思います。
この逆質問が、あなたと企業との架け橋になるかもしれません。

以下略

記事全文は↓の記事を参照
https://shukatsu-mirai.com/column/rebuttal/

■自分の強みを謙虚にアピールする質問①
私が持っている○○の資格を御社の実務で活かす事は可能でしょうか?

高校時代からマラソンを続けているので、体力には自信があるのですが、御社の業務でも役に立つでしょうか?

大学で学び続けてきた○○をさらに深く学習していきたいと考えているのですが、御社での業務の助けになるでしょうか?

私は誰とでもすぐ打ち解けられる事に自信があるのですが、この資質は私が配属を希望している部署の仕事でも役に立つでしょうか?

前職では○○の経験を積んできたのですが、御社でこのキャリアを活かすため、さらに勉強するべき事があれば教えて下さい。

御社と○○の事業で競合しているライバルの会社は●●の事業にも力を入れているという記事を読みました。私の資格も●●に活かせるのではないかと考えているのですが、今後その事業に取り組む計画はありますか?

前職では○○の経験を積み、●●の実績を残しました。御社でさらに良い実績を出すために私がさらに伸ばすべき能力は指導力だと考えているのですが、○○さん(面接官の名前)は私を見てどうお考えになるか伺っても良いですか?

○○新聞で御社の離職率が業界内でもトップクラスに低い理由について書かれている記事を見たのですが、○○さん(面接官の名前)は何が理由だとお考えですか?

御社の育児休暇の取得率について、ホームページなどには載っていなかったので、OG訪問の際に調査したのですが、運悪く私が尋ねたOGの方々は皆独身の方でしたので、詳しくお話を伺う
事が出来ませんでした。もし差し支えなければこの場で伺ってもよろしいですか?

私は大学のサークルでは代表という立場だったので後輩を指導する事に慣れているのですが、御社で活躍するためにもこの資質は必要になると思いますか?



■熱意を伝える質問②
もし内定を頂いた場合、私が入社までに一層学んでおくべき事があれば是非教えて下さい。

もし、差し支えなければ一日の具体的な業務の流れを教えて頂いてもよろしいでしょうか?

もしも採用して頂いた場合、配属先はどの部署になるのか教えて頂いても良いですか?

配属先の社員の方が、どのように活躍されているのか、もっとお話しを伺いたいのですが、そのような機会を頂く事は可能でしょうか?

もし御社で働く事が叶いましたら、結婚、出産後も働きたいと考えているのですが、母親として働いている女性はどの程度いるのでしょうか?

○○さん(面接官の名前)が御社の社員として、何か心がけている事があれば、是非私にも教えて下さい。

もし差し支えなければ、御社が今度力を入れていこうと考えている分野について、もっと話を伺いたいのですが?

御社の○○事業に強い関心を抱いているのですが、もし採用して頂いた場合、その事業に携わる事は可能でしょうか?

もし宜しければ、配属希望先の職場の雰囲気を教えて下さい。

御社の製品である○○の製作に携わる仕事をしたい、というのが私の現在の目標なのですが、どのような努力をすれば、目標達成に近付くと思いますか?



■実際の労働環境を巧く聞き出す質問③
御社の業績の伸びから推察しますと、皆様遅くまで頑張っていらっしゃるのではないですか?
御社の繁忙期はいつごろなのでしょうか?

差し支えなければ、邪魔にならない程度に、社内を拝見させて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?

もし可能であれば、御社の転勤の頻度について教えて頂きたいと思っているのですが、よろしいでしょうか?

社内を拝見した所、若い方が多くいらっしゃるように感じたのですが、私が配属を希望している
部署でも社員の平均年齢は低いのでしょうか?

私と同じ年齢で入社し、その後活躍している方の事例を伺ってもよろしいですか?

○○さん(面接官の名前)にとっての、この仕事の最大の魅力を伺ってもよろしいでしょうか?

○○さん(面接官の名前)がこの仕事を続けていく上で、苦労された事があれば教えて頂けないでしょうか?

前職では毎月80時間程度の残業に取り組んでいたのですが、御社ではどの程度残業があるのか伺ってもよいでしょうか?

御社の在宅勤務のシステムについて、ホームページとOB訪問で調査してきたのですが、実際の利用状況まで調べる事が出来ませんでした。もし可能であれば教えて頂けないでしょうか?

以下略

記事全文は↓の記事を参照
http://www.mensetsunooudou.com/situmonn/080_gyakusitumonn/

■圧迫面接を行うブラック企業には要注意!?

そもそもブラック企業とは?
ブラック企業の定義や見分け方・診断,体験談,相談例を徹底解説!!

ブラック企業に対する世間の目が厳しくなりつつある風潮の中で、労働者として気になるのは以下の点ではないだろうか?

(1)ブラック企業の定義・意味とは?
(2)自分の勤務先・就職先はブラック企業なのだろうか?
  ブラック企業の見分け方・特徴や診断方法はないのか?
(3)ブラック企業への対応策・相談先は?転職するしかないの?

このような疑問が世間に蔓延しているため、今回の記事ではこれらに関して記載する。

以下略

参照元:ヒューマンデザイン総合研究所様
http://career-information.com/3627

就職活動生と転職希望者が知らないと後悔する超優良企業リスト

1 2