1. まとめトップ

尾田栄一郎がいろいろすごい件

尾田栄一郎先生がいろいろすごいそうなのでまとめてみました。

更新日: 2015年08月03日

19 お気に入り 218866 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ONEPIECEの作者 尾田栄一郎

1975年1月1日生まれ
熊本県熊本市出身
愛称 おだっち

コミックの累計発行部数は3億2000万部。海外では35以上の国と地域で流通し、コミックス累計発行部数は6000万部以上。

2015年6月15日、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定

異常なこだわり

担当編集者にはアイディアを出さない様にしてもらっている。理由は人に頼ってしまったり、人のせいにしてしまわないようにするため。

『ONE PIECE』というファンタジーの世界で、どこかにリアリティを求めるとすれば、それは人間の感情だと思っている。そこはしっかり守っていかないと、全部嘘っぱちになる

群集シーン、動物、煙、雲、海など、「生きて動く物」は全て自分自身で描いている。

『ONE PIECE』は少年のものであるべきと考え、「作中で恋愛を描かない」、「殺人や死亡シーンをなるべく描かない」、「戦いの後には仲間たちとの楽しい宴が始まる」といった制約を設けて執筆している。また、毎週15歳の頃の自分が楽しめるか確認している。

話作りの方法としては、まず、見せ場を思い浮かべて、次に、そこを読者にとってグッとくるものにするために必要なストーリーを考える。

回想シーンは過去に描いたものは使わず、全て新規描き下ろしにしている。

『ONE PIECE』はラストが決まっている以上、早く最後の画に行き着きたいという気持ちがどこかにある。しかし、キャラクターの気持ちは一人一人丁寧に考えて描きたいし、それを捨て駒のように扱いたくもないから、いざ描くとなるとどうしても長くなってしまうと語る。

大御所扱いされるのを嫌っており、担当編集者にも「尾田先生」とは呼ばせないようにしている。

そんな尾田先生の1日は?

漫画家になろうと思ったきっかけもすごい!

油絵が趣味だった父親の影響で幼い頃から絵を描き始め、4歳の時に漫画家という職業の存在を知り「大人になっても働かなくていいんだ!」と思い漫画家を目指し始める

いったいいくら稼いでいるの?

自宅パーティもいろいろすごい

すごい偶然?

モンキー・D・ルフィの担当声優。尾田は読み切りの時からルフィの声優には田中がいいと考えていたがその意向を伝えておらず、オーディションに田中が参加して驚いたという。

1 2