1. まとめトップ

Googleをバックアップしよう! Google Takeout の使い方

アカウントが突然消える現象が報告されているGoogle、念のため一度バックアップしてみませんか?

更新日: 2015年08月04日

8 お気に入り 9583 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

こんなニュースがありました。

大切で欠かせない存在のグーグルアカウントが、事前の警告なしに勝手に削除されてしまったとの書き込みが、このところ海外で目立っているようですよ。

大変だ!自分は大丈夫と思ってないで早めに対策をしましょう!

グーグルは「Google Takeout」というバックアップサービスを提供中。アカウントの標準サービスとして、GmailからGoogleカレンダーまで、すべてZIP形式でデータをローカルにダウンロードできるようになっています。

というわけで、Googleが提供しているバックアップサービス「Google Takeout」を使って、Googleにあるデータを吸い出してみます。
まずは以下のリンクからログインしてGoogle Takeoutにアクセスしましょう。
※仕様によりどうしても↓のようになります。不安な方は https://www.google.com/settings/takeout に直接アクセスしてください。

ログインすると以下の画面になります。

ログインしたら、「追加するデータの選択」でバックアップを取る項目を選択します。

ダウンロードするデータは、

Google+、Gmail、Google Play ブックス、Google フォト、Keep、ToDo リスト、YouTube、カレンダー、グループ、ドライブ、ハングアウト、ブックマーク、プロフィール、マイマップ、
マップ(場所)、メッセンジャー、モデレーター、ロケーション履歴、連絡先

と数多く選べます(前に比べて増えたなあ)。使っていないサービスのデータはダウンロードしなくても構いませんが、取りこぼしがあるのも怖いので、よく分からない人は全部ダウンロードしましょう。

ダウンロードする項目を決めたら最下部にある「次へ」をクリックします。

次の画面では、ダウンロード形式とデータの配信方法を選択します。
・ファイル形式は zip、tgz、tbz 形式が選べます。まあ、zip形式でいいでしょう。
・配信方法は「ダウンロードリンクをメールで送信」と「Googleドライブに追加」を選べます。後者はあんまり意味が無い気がするので、「ダウンロードリンクをメールで送信」のままにします。

ダウンロード形式とデータの配信方法が決まったら「アーカイブの作成」をクリックします。

まもなく完了…という画面になったら一旦作業は終了です。アーカイブはGoogleのサーバー側で勝手に作成され、アーカイブが作成されたらメールで通知が来ます。なので、ブラウザを閉じても構いませんし、パソコンの電源を落としても構いません。

アーカイブの作成完了のメールが来たら、ダウンロードリンクをクリックするとアーカイブをダウンロードできます。
GmailやGoogleドライブ、Googleフォトなんかはたくさんの容量を使っている人も多いと思いますが、そういった人は複数のアーカイブが作成されていますので、順次ダウンロードしてください。
※ダウンロード時、アーカイブをクリックするとエラーページに飛ばされることがありますが、そのときはダウンロードボタンを右クリック→対象を名前をつけて保存 でダウンロードできることがあります。

人によってはダウンロードデータは膨大ですので、パソコンの空き容量にも注意しましょう。

注意!予めいらないメールやファイルは消してからのほうがいろいろとはかどるぞ!

Googleのサービスというと大容量なイメージですが、そのためになんでもかんでもアップロードしてはいませんか? 当たり前のことですが、容量は少ないほうがダウンロードは早いですし、パソコンの空き容量を食いません。
なので、事前にGmailやGoogleドライブ、Googleフォトあたりのデータは本当に重要なものだけにして、残りは消してしまいましょう。

1