1. まとめトップ

熊田裕通衆院議員

「議員への道」として自分史を語ってるのですが...

http://www.kumada-hiromichi.com/giin/index.html

削除されたかなんなのかわかりませんが、アクセスできないので魚拓を (その後、「お詫び」を掲載)

今では想像もつかない(?)と思いますが、中学・高校の時は決していい子じゃない、というかやんちゃな悪ガキでした。母は何度も学校に呼び出され、時には涙を流していました。「お宅はどういう教育をしとるんだ」と、担任に厳しく言われていたそうです。

 先生とイタチゴッコをするのが楽しみで、グループでいつもワアワアやってました。そう、こんなことがありました。ある時、産休補助でみえた若い女性教師が生意気だということになって、いつかギャフンと言わせようと仲間とチャンスをうかがっていたんです。

放課後、先生がトイレ掃除の点検にやってきました。好機到来です。中に入ったところで外からドアを押さえて閉じ込めたんです。そして、天窓を開け、用意していた爆竹を次々に投げ込んだんですよ。はじめは「開けなさい」と命令していた先生も、そのうち「開けてください」とお願い調になり、最後は涙声で「開けて~」と絶叫調に変わってきた。「やった~」と快感でしたね。

 「もういいか」とドアを開けると、廊下にモワァーっとたちこめる煙。その中を先生が一目散に職員室に逃げ込む。すると反対に、担任がぼくらの教室に駆け込んで来て…。後はご想像に任せます。

ツイッター

FBでまわってきて驚愕した。自民党くまだ裕通議員。「産休補助でみえた若い女性教師が生意気だということになって」トイレに閉じ込めて窓から爆竹を投げ入れた、というエピソード。こんなものを誇らしげに公式サイトで紹介するってどういう神経? kumada-hiromichi.com/giin/index.html

これ本当に驚愕。くまだ裕通議員、いま自民党の文部科学委員をつとめてるんだけど、「悪ガキ時代」に若い女性教師を集団でいじめ、絶叫調で泣かせたときの「快感」を公式HPで自慢げに披露している。こんな感覚の持ち主がめざす「教育再生」って何。 twitter.com/akishmz/status…

普通に犯罪でしょ? 公式HPですよこれ。 「放課後、先生がトイレ掃除の点検にやってきました。好機到来です。中に入ったところで外からドアを押さえて閉じ込めたんです。そして、天窓を開け、用意していた爆竹を次々に投げ込んだんですよ。」 kumada-hiromichi.com/giin/index.html

これはひどい。若い女性教師を便所に閉じ込めて爆竹放って泣かす、という「ヤンチャ」時代を得々と披露する自民党国会議員。そんな最低エピソードを選ぶセンスもやばい。 / “くまだ裕通 議員への道” htn.to/7U6epU

こういうのが次から次へと湧いてくるよな…。昔のヤンチャ自慢をしているつもりが、単なる犯罪の告白にしかなっていないことに気付かない大馬鹿者だが、本当に #自民感じ悪いよね 。 / “くまだ裕通 議員への道” htn.to/Xm71GB2

若い女性教師をトイレに閉じ込めて爆竹を投げ入れて、泣き喚き助けを懇願されたという当時の経験を公式サイトで嬉々として語った、くまだ裕通衆議院議員。同じ口で道徳教育の重要性を語ってるのだが… kumada-hiromichi.com/giin/index.html pic.twitter.com/EOnpdPaSTu

誰しも過去に色々やらかしてると思いますが、これほど肯定的に描かれるのも驚き。 twitter.com/tkbei/status/6…

明らかに犯罪。一人の女性への男の集団による暴力。楽しい思い出として書いているのが信じられない。 twitter.com/akishmz/status…

集団になって弱い者を苛めるのを自慢しているって、頭のネジが飛んじゃってるんじゃないの?(-_-;) せめて生活指導の男性教諭に一人で逆らったとかじゃないと、単に弱い者いじめが好きな輩にしか見えない... twitter.com/akishmz/status…

昔はやんちゃだった系。子供の頃の過ちはしょうがないけど、それを "超元気! 悪ガキ「ガクラン」時代" と言って自分のホームページに載せてる感覚がこわい。 / “くまだ裕通 議員への道” htn.to/Dr3Rcw

熊田裕通氏(自民党衆院議員)の若き頃の話を「武勇伝」という人がいるのだが、「武勇伝」というのは文字通り自慢すべき「勇ましい」ことなのだが、あれは力の弱い者を大勢でいじめている話なので、むしろ「武勇」とは無縁の、いや正反対の愚かで恥ずべき話なのだが。

他人を酷い目に合わせてやんちゃは無いわ。 やんちゃっていうのは流れの速い用水路渡ってサンダル流されたり、山奥一人で昆虫採集行って全身アブに噛まれて血だらけになったり、樹液舐めるカブトムシ見て美味しいのかと思って舐めて苦さに悶絶するのとか、そういう自分が酷い目に会うの言うんだよ!

中川まさはる議員にしろ、くまだ裕通議員にしろ、ヤンチャ自慢のつもりかもしれないけど、対象はどちらも自分より弱くて、しかも自分たちは集団なんだよね。ただの弱いものイジメだ。ヤンチャ自慢するなら「屈強な有段者の暴力教師に反抗した」とかじゃないと自慢にならん。ほんま見苦しい。

自民党愛知一区・衆議院議員くまだ裕通 産休補助の女性教師を「生意気」だからと、トイレに閉じ込めて爆竹を投げ込み、開けて下さいと懇願させ、悲鳴を聞いて快感に浸ったという学生時代のエピソードを、自慢げに披露できる、「現在」の感覚に驚愕。 kumada-hiromichi.com/giin/index.html

先生が開けてくださいと懇願する様を書くあたり本質を的確に表してる。 RT @lobo_marino_r 自民党くまだ裕通議員>『ワルガキ』時代 自慢げに書くとか常識がズレてる kumada-hiromichi.com/giin/index.html pic.twitter.com/8dw4A7CQKD

余裕で傷害/傷害未遂自慢だった。女性を激しい暴力で屈服させ、最後に許しを請わせて悦に入るってのは、ポルノ小説並だな。 自民党くまだ裕通さん「若い女性教師が生意気なのでトイレに閉じ込め爆竹を次々投げ込み快感」 matome.naver.jp/odai/214387391…

「女性」教師を「生意気だと思った」から屈服させた、というのがポイントだな。そしてこの話が語るのはこの議員のが「今の思想」であることは明らか。

「若い女性」の「代用」教師、というのもポイント。そしてこの「身の程を思い知らせた」感には多分に性的なものが含まれているし、今現在それを語る行為にも。気持ち悪く感じるのはそのせい。

そして、熊田さん側がコメント発表も...

1 2 3





hiraoyogiさん