1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

7676mokoさん

雨だとやっぱり憂鬱・・・

今日マラソン大会やった〜 雨パラパラ降ってるし風めっちゃ強いし 凍るか思うた(›´ω`‹ ) 温まりnow pic.twitter.com/gnG8eOgY5j

@takaleonis @02h59m59s 今年も石垣マラソンの参加賞にビニール合羽があるのか、期待はもはやそれしか…wあ、雨なら唯一の屋内観光スポット、石垣島鍾乳洞へ!ミンサー館もあるけど若者はあまり…かもなのでw

@takaleonis 雨がないといいんですけどねぇ。石垣2年連続で出て2年連続雨だったので;先週の宮古ウルトラマラソンの映像みました?まるでトレイル、あんなんでも大会決行するんだなぁとビビりましたです、はい(^_^;)

雨の日のマラソンで一番気にしなくてはいけないことは、着替えてからスタートするまでに体を冷やさないということです。特にスタート地点に早く並ばなければいけない大型のマラソン大会では1時間近く雨の下で待機することになります。
走りに悪い影響を与えるだけでなく翌日以降に風邪を引く可能性が高くなります。

そんな雨の日に、考えられる対策は?

荷物は?

雨の日のマラソン大会で、荷物が確実に濡れないと分かっている場合を除いて預け荷物は厳重に雨対策をしましょう。ビニール袋を2重にするなり防水バッグに荷物を入れるなりしておきましょう。普段から防水バッグを預け荷物用のインナーに使っておくと便利です。

ナイロン生地に特殊な防水加工を施すことで、段違いの軽量性と柔らかさを持ったチューブドライバッグです。上部の入り口をきちんと閉じれば、空気も逃さないので、浮き袋の代わりにもなる防水性で、インナーバッグとして濡れものを入れたり、濡らしたくないものをしまったりと使い方はいろいろです。

個人的には、ビニール袋で十分だと思いますが、心配な方は、どうぞ。

頭は?

"雨が直接顔に当たらない、頭からの顔への雨の流れ落ちるのが防げるということで、キャップなしで走るのと比べて随分楽に感じられます"

普通のランニングキャップは避けて 雨天用のランニングキャップか普通のツバ付きキャップに 防水スプレーをしてその上にビニール袋(3辺の内1辺を切ったもの)をかぶせクリップで止めれば キャップの防水ができます

体は?

レインコートでもポンチョでもウインドブレーカーでも、大会の日が雨の場合は、白(透明)のものを着用して下さい。なぜなら、大会本番はゼッケンが必須です。ポンチョなどの下からゼッケンが見えるようにしておく必要があるのです。

腕と頭の部分に穴をあけて、すっぽりかぶるだけです。これが、一番安上がりだし、要らなくなったらそのまま捨てられます。

(1) 透明ゴミ袋1枚を真ん中で縦に2つに切ります。これが袖になります。
(2) 胴部分のもうひとつの袋に首穴をつくります。
  ※縦にふたつに折り、ハサミで切ると左右対称にできます。その際、あまり切りすぎないように、頭がちょうど入るくらいの大きさになるよう注意しましょう。
(3) 胴部分の両端に、左右袖をつなげる切り込みを入れます。
(4) 好みの袖の長さでカットします。
(5) 袖と本体、袖の下部分をセロハンテープでしっかり繋ぎます。※図の中の、青色の点線部分です。
http://hashilobu.blog.eonet.jp/default/2012/05/2012-d9d5.html

ポンチョがおすすめです。軽量のアウトドア用、使い捨て前提で100円ショップのポンチョもあります。スタート後もしばらく来ては知りたい場合はasicsなどから発売されているマラソン用のポンチョがおすすめです。

むれ防止に背中に小さな穴か切れ目を入れる事をおすすめします(肩や胸側だと走っている時に濡れやすくなってしまいます)。またキャップを被った場合 レインコートのフードはそのままにしがちですが雨が溜まってしまうので 必ずかぶりましょう。
ペースにもよりますが、下半身の方は、途中から足にまとわりついて走り難くなる可能性があるので、膝上くらいにした方が走り易いかもしれません。

透明で動きやすく防寒にも優れています。デメリットは、ごみ袋やポンチョに比べれば価格が高いので、暑くなってきた時に、気軽に捨てられないところですね。

ウェアは?

基本は目標の走破タイムと走行時の気象予想に合わせて服装を選ぶ必要があります。

服装の組み合わせについては、3時間で走れる人と、5時間で走れる人では、全く違うので、それぞれ考える必要があります。

その人の実力にもよるでしょうが、基本的に走り出してしまえば余程ペースが遅い、あるいは真冬でもなければ、体が冷えることはあまりないので、通常のランパン、ランシャツまたはTシャツでいいと思います。

季節や風の強さなど、色々要因がありますが、普段通りでよいとの意見もあります。

これは個人差があると思いますので、雨の日の練習などで判断するしかないのですが、僕は、服やシューズが濡れるストレスよりも、ウィンドブレーカーやビニールなどの蒸れやジメジメ感の方が大きくストレスを感じてしまいます。
走れば体温が上がるため寒さはそれ程感じなくなりますし、そもそも雨の中を走るのですから何をやっても濡れるときは濡れるのです。

露出部分やお腹には?

冬場の大会でランパン、ランシャツのエントリーランナーが利用することも多いですが、雨の日の撥水、保温対策にもなります。肌が露出している部分(特に首回り)やお腹などに塗っておくとなかなかの保温力を発揮します。

十分に時間をかけてくまなく揉み込むことと,余分なワセリンをペーパータオルなどで十分にふき取り,ベタつきを完全に除去すること

腕は?

1 2 3