1. まとめトップ

又吉の後ろに凄まじいキャラがいた!芥川賞【羽田圭介】

今年の芥川賞、芸人・又吉直樹さんとダブル受賞となった羽田圭介さん。実は物凄いキャラの持ち主だった!?8月6日放送の「アウトデラックス」に出演。独特のキャラでたちまち話題になりました!

更新日: 2015年08月07日

4 お気に入り 24083 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jg2q9999さん

羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は日本の小説家。東京都生まれ、埼玉県北葛飾郡松伏町出身。明治大学商学部卒業。現在東京都在住。

明治大学付属明治高等学校在学中の2003年、高校生と中学生の兄弟が憎み合い、「家庭内ストーキング」を繰り返すさまを独特の表現で描いた「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞。17歳での受賞は当時3人目で、最年少。応募する際、締切日ぎりぎりで投函した。

アウトデラックス放送直後からツイッターで話題に!

個性爆発!ナイスなキャラクターで、司会のマツコ・デラックスからも称賛の声!

とにかく物事を合理的に考えるのが好き。
自分にメリットのないことが嫌いらしい。

「昔の友達と会っても、昔話しかしないから何も生まないな〜と思って。特に結婚した女友達と会っても、何の意味もねぇな〜(ただしバツイチは可)」

「雑誌に掲載された自分の作品は告知しない。なぜなら掲載雑誌が売れても印税は作者には入ってこないから。掲載雑誌を読まれると、単行本として出版した際に読まれなくなるから印税がはいってこない。」

ねーほんと面白いよアウトデラックス又吉に全然負けてない羽田さん pic.twitter.com/h7JOg2gjoF

いや本当にこんな珍キャラだったなんて羽田圭介さんスゲーわ。 #アウトデラックス

羽田圭介先生、コメントが的を射てる。面白い。 こん中にPerfumeも入っているよね。まあ、女性アーティスト嫌いらしいけどw 本買おうかな。 pic.twitter.com/n37Er49hgs

アウトデラックスの羽田さんめっちゃおもしろいなあ…

受賞の報告はカラオケで聞いた!?

「銀座のカラオケボックスで。受賞したら聖飢魔IIの『Winner!』を歌おうと決めていた。X JAPANやオジー・オズボーンを歌って疲れてきて、午後7時を過ぎても電話がなくて、いやな予感がしたけれど、ちょうど誰も歌っていないときに電話が鳴りました」

直筆POPも「笑える」と話題に

芥川賞・直木賞コーナー」に、羽田さん直筆のポップはあった。殴り書きに近い、なんだか力が抜けてしまうような字体で、「シュールで笑える」といった印象だ。

芥川賞受賞作品【スクラップ・アンド・ビルド】

アウトデラックス見て羽田さん面白すぎて本買いたくなった いや、ほんと良いキャラしとる

アウトデラックスを見た結果、スクラップアンドビルドを読みたくなったので羽田先生の地上波出演は成功されてると思います。

フリーターの若者が、同居する祖父の介護を通して自分を見つめ直す物語。

芥川賞4度目のノミネートで受賞した羽田圭介氏が描く、現代社会の人間関係の距離感に迫った意欲作!

主人公健斗の家に引き取られてきた認知症で足腰も弱くなり介護が必要な祖父。しかし健斗は祖父が、ひとりで寝起きも出来ており頭もしっかりしていて、ある種の甘えと面倒臭さを持っているのでは?という疑念と一部事実も見てしまう…

同じ屋根の下で暮らす家族同士でさえ、お互いを分かりあえていないと言われる昨今、家族・親戚同士、恋人同士、友人間で意思の疎通を図ることの難しさ、一方通行になりがちな関係性と距離感を描き、現代社会で一見利他的なるものが本質は極めて利己的であるというところまでを表現しているのではないか

1 2