1. まとめトップ

スティーブ・ジョブズも多大な影響を受けたLSDというドラッグとは

アルバート・ホフマンが合成に成功した幻覚剤LSD、ヒッピームーブメントや著名人アーティストによる使用やインスタント・ゼンなどと形容されその効果は各界に多大な影響を与えているのは明白である、そのユーザーのひとりSteve Jobs(スティーブ・ジョブズ)に焦点をあてました。

更新日: 2018年07月10日

18 お気に入り 298359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

puchimaruさん

LSDは粘膜から吸収され肝臓の代謝をうけないため、舌下に挟んでおくか飲み込んで使用する幻覚剤

リゼルグ酸ジエチルアミド(リゼルグ酸ジエチルアミド、リゼルギン酸ジエチルアミド、英: lysergic acid diethylamide)は、非常に強烈な作用を有する半合成の幻覚剤である。ドイツ語「Lysergsäure Diäthylamid」の略称であるLSD(エルエスディー)として広く知られている。
開発時のリゼルグ酸誘導体の系列における25番目の物質であったことからLSD-25とも略される。また、アシッド、エル、ドッツ、パープルヘイズ、ブルーヘブンなど様々な俗称がある。

LSD紙片はそのバリエーションが多岐にわたりカラフルなものやデザイン性に富んだものが多い。
LSDは60年代に起こったヒッピー文化の形成に大きく関与した

LSDの開発者、スイス人化学者アルバート・ホフマンとは

(英: Albert Hofmann, 1906年1月11日 - 2008年4月29日)は、スイスの化学者である。満102歳没。LSD(リゼルグ酸ジエチルアミド)の発明と、マジック・マッシュルーム(幻覚性のあるキノコ)からシロシビン、シロシンを発見したことで知られ、精神薬理学の端緒を開いた。

LSDはホフマン博士の偶然により発見された!?

ホフマンは、筋肉弛緩薬をつくるために麦角という菌の研究をしていました。1938年、その過程で合成されたLSD-25には期待していた効果はなく、使えないモノ置き場へ直行、永久に放置される・・・はずでした

出来上がったLSDが偶然指についたかなにかして、世界で初めてのアシッドトリップを経験することになる

LSD、その効果とは

幻覚、聴覚や皮膚感覚の鋭敏化、超超意識の発現など。

LSDは脳の青斑核を凄まじい勢いで活性化させ、ノルエピネフリンを分泌させる。基本的にノルエピネフリンは天然のアッパーだから、脳全体を覚醒・興奮させる。その結果幻覚、悟り、超超意識、錯乱などが現れる。そのスケールは他のドラッグを凌駕する

「LSDはサイケデリクス。実際には存在しないものを見て感じられるようになる薬だ。少量なら色が綺麗に見え5感が鋭くなるくらいだが、大量に摂取すると完璧な幻覚が見え存在しない物事を見て経験できる状態になる」

Lによるトランスでは、流動する変性意識の下でよりディープに、現実の虚構を認知し、他者の意識まで読み取るれるような気持ちになってしまう。共感覚と呼ぶのかもしれない

動画で擬似体験!?LSDトリップ動画

毒性、副作用、依存性は?

不眠、動揺、興奮など。ちゃんとした品なら副作用はなきに等しいといわれる。

実際現在流通しているものなら1シート(100ヒット)を摂取しても命に別状はない。薬理学的には3~6日の継続使用で身体はLSDに対する耐性を作り、ほとんど効果がなくなる。つまりそれだけ中毒にならないドラッグということ

LSD、その特筆すべきひとつの効果に

マジックマッシュルームの成分サイロシビンやLSDのような向精神薬は脳の構造式を一生涯にわたって変化させる作用がある

センス、感性に一生涯変化を与える可能性が。

マジックマッシュルーム(シロシビン)を摂取した人々に、長期間にわたる性格の変化がみられたという。よりオープンで好奇心旺盛になったり、知的活動が高まったりクリエイティブになったり。これらの性格の変化はドラッグを摂取したのち、1年以上にわたって持続した

さまざまな著名人達がLSD摂取を実践し、その中のひとりに

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(英:Steven Paul "Steve" Jobs、1955年2月24日 - 2011年10月5日)は、アメリカ合衆国の実業家、資産家である。アップル社の共同設立者の一人である。アメリカ国家技術賞を受賞している。

最近発売された彼の伝記で、若い頃、マリファナやLSDを毎日やってラリッていたと打ち明けていたことを話す。

ビジネスの世界では、先見性と想像性に優れ、テクノロジーや社会のしくみを前進させる人のことをビジョナリーと呼ぶ。ジョブズはまさにビジョナリーと呼ぶのにふさわしい貢献をした

「私は1972年から1976年ごろまでの間、10回から15回くらいLSDを使用しました。たいていは独りで、角砂糖やゼラチンにLSDを染みこませたものを摂取していました。LSDの効果を言葉で表現することはできませんが、人生をポジティブに変えた経験だといえます。あの体験を経てよかったと思っています」

ジョブズ『LSDの摂取は、人生で行ったことの中で最も重要な経験のひとつだ。私はドラッグなしでは成功できなかっただろう』

ジョブズは「LSDの摂取は、人生で行ったことの中で最も重要な2-3の出来事のうちのひとつだ。サイケデリックの経験がない人には、まったく理解できないだろういくつかの事柄がある。」と語った。

1 2