米軍による横田空域の管制権の法的根拠は、日米地位協定にあります。

出典日本の空なのに航空機が飛べない「横田空域」はなぜ存在しているのか | マイナビニュース

日米地位協定は正式には「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定」といいます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

首都圏の空のタブー『横田空域』…未だに続く米軍の日本支配

関東〜中部上空に存在する広大なアメリカ領、通称「横田空域」。首都に近い日本の上空であるにもかかわらず、日本の航空機は自由に飛べず、羽田空港でも余計な迂回を強いられるなど費用や時間の面で大きな負担を強いられています。戦後レジームからの脱却を掲げる政府も、なぜかこの問題には深く切り込んでいません。

このまとめを見る