戦後、戦勝国であるアメリカ合衆国と、敗戦国である日本の間には日本国内での米軍の特権を認める「日米地位協定」という不平等な協定が締結された。

この情報が含まれているまとめはこちら

首都圏の空のタブー『横田空域』…未だに続く米軍の日本支配

関東〜中部上空に存在する広大なアメリカ領、通称「横田空域」。首都に近い日本の上空であるにもかかわらず、日本の航空機は自由に飛べず、羽田空港でも余計な迂回を強いられるなど費用や時間の面で大きな負担を強いられています。戦後レジームからの脱却を掲げる政府も、なぜかこの問題には深く切り込んでいません。

このまとめを見る