「うちが小企業なのを幸いに、とことん僕の趣味でいくことにしたんです」。黒木敏之社長は立教大学でトロンボーンを吹き、脚本家を志したこともある。「焼酎もラテンアメリカも、文明に駆逐されていく運命が似てる気がして」、一九八二年十月二十一日にノーベル文学賞に決まったガルシア・マルケスの代表作を、商品名に頂戴した。

出典マルケス百話

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

名酒に物語あり 幻の焼酎「百年の孤独」を巡るストーリー

朝ドラ「マッサン」にも描かれたように、名酒と呼ばれるものにはその作り手をはじめとした、さまざまな物語が隠れている。現在ではほぼ入手困難ともいわれる焼酎「百年の孤独」(黒木本店)にも、皇太子や中沢新一氏、ノーベル賞作家・ガルシア=マルケスらとのエピソードがあった。

このまとめを見る