1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

命知らずはトムだけじゃない!西島秀俊...危険なスタントに挑んだ日本の俳優たち

命知らずは「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のトム・クルーズだけじゃない!西島秀俊さん、真田広之さんなど危険なスタントを演じた日本の俳優たち

更新日: 2015年08月11日

55 お気に入り 83077 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■アクションが話題の映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(監督クリストファー・マッカリー)が7日から全国346館で公開され、初日興行収入は1億8000万円、観客動員は14万人だった。

ミッションインポッシブル、面白かった〜 トムクルーズ、あのシーンもスタントなしでやってると思うと、すごいな

ミッションインポッシブル面白かったー!!!トムさんすーげぇな・・アクションほんっと凄かった٩(˙▿˙)۶バイクのシーンとか思わず手握ったわww

M:I-5観た! スタントなしであの軍用機のシーンとか、、トムクルーズってかっこいいだけじゃない♡ シリーズ全部見てるけど、いつも期待以上で裏切らないわ〜‼︎‼︎

・トム・クルーズも軍用機にぶら下がり危険なスタントを本人が演じていた

CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”の暗躍により、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の所属するIMFはまたしても解体の危機に陥る。

イーサン・ハント:トム・クルーズ
ウィリアム・ブレント:ジェレミー・レナー
ベンジー・ダン:サイモン・ペッグ
イルサ・ファウスト:レベッカ・ファーガソン
ルーサー・スティッケルビング・レイムス

今年で53歳のトムですが、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」ではシリーズ至上最もスケールのデカく(いや、高く?)、危険なスタントに挑戦しています。

上空1500m×時速400jmの敵の軍用飛行機(A400M機)の扉にぶら下がり、侵入を試みるシーンではトムが命綱で体を支えただけ

▼洋画だけではない!日本でも危険なスタントに俳優が挑んでいた

■六本木のマンションの屋上で命知らずのスタント、西島秀俊さん

石神(西島秀俊)が電話に出ると死んだはずの妻で、彼は混乱したまま警察を装った男たちに追われることに。そんな彼に妻をかたる謎の女性(真木よう子)らが近づいてきて……。

石神武人 / オ・ジヌ:西島秀俊
カン・ジウォン:キム・ヒョジン
美由紀:真木よう子
伊吹克彦:浜田学
ハン・ユリ:中村ゆり
警察を騙る男:パク・トンハ
イ・ギョンヨン
佐藤英輔博士:伊武雅刀

西島秀俊が主演するアクション・サスペンス映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』

六本木にあるマンションの屋上で、西島が命綱1本を頼りに挑んだアクションシーンの撮影風景は、ファン必見だ。

警察を騙る男たちに追われた石神(西島秀俊)が、窓から逃げ屋根によじ登って逃げるシーン。

劇中では、日本では撮影許可が下りないようなカーチェイスをするなど、西島さん自らチャレンジしたアクションシーンが満載!

西島は「俺も辛いのや痛いの好きですからね」とまさかのM発言。女性ファンが沸くとすかさず西島は「撮影現場でですよ」とフォローして笑いを誘った。

■城の天守閣からダイビングの真田広之さん

秀吉の腹心、不知火将監によって父、百地三太夫を殺された息子、鷹丸の一族再興のための活躍を描く。

鷹丸:真田広之
おつう:蜷川有紀
愛蓮:志穂美悦子
石目:長谷匡彦
川次郎:徳満信央
五助(石川五右衛門):火野正平
戸沢白雲斎:丹波哲郎
服部半蔵:夏木勲
不知火将監:千葉真一

父・百地三太夫を殺された遺児・鷹丸の仇討ちと、謎を秘めた百地家の財宝探しの絡む忍者合戦を、曲芸的なアクションの連続でに描いた時代劇。

真田広之、千葉真一、志穂美悦子らJACの面々が活躍する忍者アクション。

この映画で主演の真田広之は桃山城天守からの飛び降りシーンを吹き替えなしで披露し持ち前の極真カラテで格闘技も見せた。

■ロープウェイにぶら下がった千葉真一さん

大都会東京に架空の国際警察特別室を設定して、室長の村岡だけが知っている6人の冒険者・キイハンターが平和をおびやかす組織・陰謀・悪と戦う活躍を描いてる。

黒木鉄也 - 丹波哲郎
津川啓子 - 野際陽子
吹雪一郎 - 川口浩
島竜彦 - 谷隼人
谷口ユミ - 大川栄子
風間洋介 - 千葉真一

1 2