1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

海面上昇しないの!? 地球温暖化の真実と嘘

最近は聞かなくなった地球温暖化。地球温暖化自体を知らない子供もいるようです。

更新日: 2015年08月08日

8 お気に入り 74632 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

地球温暖化ってどうなってるの?

こうして私は地球温暖化に貢献してしまっているのか…熱くて手が置けないコレ

もしかして:今の子供達地球温暖化知らない

最近は聞かなくなりましたね。

地球温暖化とは?

地球の平均気温が上昇すること。世界が直面している深刻な地球環境問題の1つと言われている。

人間活動の拡大で、二酸化炭素・メタン・亜鉛化窒素などの温室効果ガスの濃度が増加することで、地球の表面温度が上昇することを言います。

大気中に微量に含まれる二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、フロンなどが、温室効果ガス(Green House Gases:GHGs)といわれています。

地球温暖化は、平均的な気温の上昇のみならず、異常高温(熱波)や大雨・干ばつの増加などのさまざまな気候の変化をともなっています。

字のごとく地球が暖まることですが、考えられる影響は様々です。

地球温暖化の影響

このまま地球温暖化が進むと、1986~2005年の平均値に比べ、最悪の場合2100年には、気温が4.8℃上昇し、82cm海面が上昇すると予測されています。

嵐や大雨などの異常気象が増えるため、沿岸地域では洪水や浸水の水害がひどくなります。2080年代までに、数百万人の人が洪水の被害を受ける可能性があります。

2080年代までに海面水位が40cmしか上昇しなかった場合でも、海面上昇がない場合に比べて、毎年高潮により浸水を受ける人口が世界全体で7500万~2億人も増加します。

日本でも海面がおよそ1メートル上昇するだけでも、水没域の東京、大阪など都市部を中心に90兆円以上の資産が失われるなど、大きな被害を受けることが予測されています。

海面が上昇するだけでこれだけの影響が出るんですね。

「ツバル」の海面上昇

一時期話題となった「ツバル」の海面上昇。
海面上昇の原因は何だったのでしょうか。

南太平洋に位置する小さな島国ツバルは、9つの環礁・島々から構成されており、最大標高が3m程度のとても低平な土地です。

実はサンゴ礁の島々は、しっかりと安定した地盤にあるのではなく、
ちょうど、枯れ枝を積み上げた状態の場所に家を建てるのと同じで、
地盤がもろいので、いずれは沈むのです。

ツバルにおける内陸浸水は、100年前から観察されている事実。

地球温暖化の影響で沈没したとは言い難いのです。
このような嘘が徐々に明らかになっています。

地球温暖化の"嘘"

▼海面上昇

温暖化で北極海の氷が溶けることは確実であるが、海に浮かんでいる氷が溶けたからといって海面が上昇することは無い。

水が凍って容積が膨らんだ分だけが水面上に浮かんでいるのであり、水面の高さは、氷が溶けても、固まっても変わらないのである。

南極の場合は、氷は大陸の上にあるから、全部溶けたら、計算上、海水面は60m上がるとされている。これは大変な事態だが、そうはなっていない。なぜなら、南極の気温は、例年マイナス50℃。近年、上昇どころか逆に下がっているからである。

氷は溶けても、海面上昇はしないようです。
中学の理科で習う、アルキメデスの原理で簡単に説明がつきます。

1 2