1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

日本一の大学である東京大学。
(日本一を京都大学とおっしゃる方もいますがここでは東大にしておきます…)
さすが、旧帝国大のなかでもトップなだけあり、東京大学所有の博物館や植物園など一般人(大学関係者以外)が入れる施設がとても充実しています。

そんな東京大学所有の博物館や植物園などについてまとめてみました。

夏休みや週末のおでかけにいかがでしょうか?

★東京大学総合研究博物館

・東京大学総合研究博物館 本郷本館

・東京大学総合研究博物館 小石川分館(建築ミュージアム)

◎博物館情報
場所: 東京都文京区白山3-7-1 →地図
交通:  地下鉄丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩8分
休館: 月曜日、火曜日、水曜日(いずれも祝日の場合は開館) 
  臨時閉館/臨時開館などの情報は、博物館ホームページ(トップページ)
  でお知らせします。
開館時間: 10:00―16:30 (ただし入館は16:00まで)
入場: 無料

◎どんな博物館か?
学校建築
 学校建築は、学校という存在を視覚的に表象する重要な一要素であると共に、各種の教育研究活動の重要な物的基盤をなすものである。 東京大学総合研究博物館は、学内の各分野から寄せられた各種の標本・器材の豊富な蓄積を有している。これらの標本・器材もそれぞれの分野の教育研究活動の重要な物的基盤となってきたものである。また特定の分野にとどまらず、複数の分野にわたる教育研究活動の内容を横断的に表現する格好の素材となってきた。 小石川分館は、初等中等教育を含む各種の学校建築を学内各分野の標本・器材と共に、総体的な教育研究活動の物的基盤、あるいは教育研究活動をとりまく物的環境の主要な構成要素と捉え、両者を組合わせた各種の展示構成を試みるものである。

・東京大学総合研究博物館 インターメディアテク ( IMT )

開館案内

休館日:月曜日 ( 月曜日が祝日の場合は翌日休館 )、年末年始、その他館が定める日
開館時間:11:00-18:00(木・金は 20:00 まで)入館は閉館時間の 30 分前まで
*上記時間は変更する場合があります。
所在地:東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー/KITTE 2・3階

◎施設概要
日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営をおこなう公共貢献施設が丸の内JPタワー内にオープンしました。施設の位置する旧東京中央郵便局舎は、昭和モダニズムを代表する歴史建築として知られていた5階層のビルで、その2・3階部をミュージアム・スペースとして改装し、誕生したのが「インターメディアテク」(IMT)です。この呼び名は、各種の表現メディアを架橋することで新しい文化の創造につなげる「間メディア実験館」に由来します。その活動の舞台となるのは、東京大学が1877(明治10)年の開学以来蓄積してきた学術標本や研究資料など、「学術文化財」と呼ばれるものの常設展示です。

歴史的な遺産を、現代の都市空間のなかで再生させるデザイン技術は、「インターメディアテク」の展示の見所のひとつです。特別展示やイベントでは、大学における最先端科学の成果や各種表現メディアにおけるユニークな創造を、常設展示の世界観と融合させながら、随時公開します。この施設では、大学の主導する教育研究活動の一環として、これまでにない複合教育プログラムを実践するとともに、教育研究の成果を広く伝えるための、オリジナルグッズの開発販売もあわせておこないます。

★東京大学総合研究博物館 宇宙ミュージアムTeNQ

営業時間

平日11:00~21:00
土日祝・特定日10:00~21:00
(最終入館 20:00迄)
特定日はGW・春夏冬休みなど ※年中無休

東京ドームシティ内

ネット予約またはセブンイレブンでの予約制

料金:大人1800円、子ども1200円ほか

施設コンセプト「宇宙を感動する」

心打つ星空、圧倒的な宇宙空間、最先端のサイエンス、宇宙からインスピレーションを受けたカルチャーなどを楽しめる新しいエンタテインメント施設・・・『宇宙ミュージアムTeNQ』
これまでとは違った視点から、「なるほど!」「もっと知りたい!」「誰かに話したい」という心地よい好奇心が味わえます。

東京大学総合研究博物館以外にJAXAやIHI,NECなどが協賛している施設

東京大学総合研究博物館が産学連携で協力しているところは、サイエンスエリアなのだそう。

★東京大学総合研究博物館「鶏づくし」@文京区教育センター

★東京大学総合研究博物館 モバイルミュージアム

◎博物館情報
場所: 東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ1階ロビー →地図/アクセス
交通: 地下鉄「溜池山王」駅 13番出口より徒歩2分
休館:  土曜日、日曜日、祝日
開館時間: 9:30ー18:00
入場: 無料

◎博物館概要
東京大学総合研究博物館は、興和不動産株式会社(現・新日鉄興和不動産株式会社)の支援を得て、2007年1月17日(水)から東京都港区の「赤坂インターシティ」1階オフィス・エントランスホールにおいて「モバイルミュージアム001」の展示を開始しました。モバイルミュージアムとは、博物館に収蔵されている学術標本を小型ミュージアム・ユニットに組み入れて、社会の様々な場所に展開・流動させる日本初の遊動型博物館です。

★大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

1 2 3