1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

meteorheadsさん

ユーモアたっぷり

アクションシーンの撮影前には、「準備体操はダイナミックに」となぜか過剰なまでの腰ふり・足上げ・もも上げを披露したかと思えば、全力疾走した本番直後の“適当すぎる”コメントにはスタッフも爆笑。

長々と続くプレスツアーで疲労し、記者からの同じような質問や愚問に何も考えず答えてしまうことを見越して、先に謝っておこうと思い立ったらしい。

子どもは止められるのか?

日本ではガーディアンズオブギャラクシーでも話題になりました。

彼も元ストリッパー?

俳優として売れる前は生活に苦労し、様々なアルバイトに明け暮れたそうで、ストリッパーだったこともあったという。

「裸になるのが好き」と裸族であることを明かしたが、どうせなら裸になってお金をもらおうと考えたようだ。

「裸になるのが好き」というクリスの話は本当のようだ。以前、注目されることになったNBC局のコメディドラマ『Parks and Recreation(原題)』で、共演のエイミー・ポーラーの前に必要もないのに全裸で現れたというエピソードがある。

いきなり出演?

ハワイ・マウイ島へ移住したクリスは車やテントで生活をしていたといわれていますが、ある日、人生の転機が訪れます。

当時働いていたシーフードレストランに女優のレイ・ドーン・チョンが来店。そこで彼は「映画に出てますよね? 僕もずっと映画に出たかったんだ」と話しかけたところ、「あなた、キュートね。演技をしたい?」という言葉が返ってきたそうです。

これがきっかけとなり、クリスは、彼女が監督と脚本を務めたホラーコメディー映画「CURSED PART III(原題)」でスクリーンデビューを果たしました。

クリスは『ウォンテッド』(08)などに出演後、『マネーボール』(11)、『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)、『her/世界でひとつの彼女』(13)で存在感を示していましたが、体型がぽっちゃりだったせいもあり、二枚目俳優ではなく、三枚目俳優といった立ち位置でした。

妻のアンナはテレビ番組「The Late Late Show with James Corden」に出演した際、昆虫の標本収集という共通の趣味が二人を結びつけたことを語りました。

1 2