1. まとめトップ

[グロ注意]マイナーなミュージカル映画「REPO! The genetic opera」

日本ではあまり知られていないミュージカル映画を紹介します

更新日: 2015年08月10日

4 お気に入り 3096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

近未来が舞台、異色のロックオペラミュージカル

あらすじ

荒廃した近未来のアメリカが舞台
流行性の臓器の病に侵された世界を「GeneCO」という臓器”レンタル”の会社が支配している
レンタル料の支払いを滞納した客は、「レポマン(回収人)」の手によってレンタルしている臓器、または骨髄などを生きたまま引きづり出される

そんな世界で珍しい血液の病を持つ17歳の少女、シャイロは「外に出たら死ぬ」という父の忠告を聞かずに外の世界にとびだす

そしてシャイロは墓場でこの映画の案内人のようなキャラクター、grave robber(直訳すると墓場泥棒)に会い、物語は進んでいく

なかなかイケメンですね 映画の冒頭の曲は彼が歌います いい声です

豪華なキャストが出演

お騒がせセレブのパリス・ヒルトンがSMチックな衣装で登場
もちろん歌も歌います

最強の癒しボイスをもったソプラノ歌手のサラ・ブライトマンも出演
彼女の歌唱シーンは圧巻の迫力と美しさです

過激なグロ描写とスチームパンク、ゴシックの世界観の融合

オペラの公演の宣伝映像が映し出された飛行船が飛んでいたり、GeneCOの新商品の看板が掲示されていたり近未来な雰囲気の街です

サラ・ブライトマン演じるオペラ歌手の衣装やシャイロが住む家など随所にゴシックな雰囲気が漂っています

GeneCOの社長の娘は整形中毒で、自分が出演する舞台のために整形したところ顔が剥がれてしまいました

GeneCOの社長のバカ息子も、顔の皮膚まるごとを自分の顔に装着しています

他にもイカれた社長のもう一人の息子がそこらへんにいる一般人を急にめった刺しにしたりやりたい放題です
コミカルな効果音に合わせて血でぬめった心臓を兄弟でパスし合う描写も不愉快です

こんな人にこの映画はおすすめ

1 2