1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「鹿児島実業高校・男子新体操部」の'魅せる'演技が素晴らしい

毎年ユニークなパフォーマンスで注目を集める「鹿児島実業高校男子新体操部」。今年のインターハイでの演技も話題となっています。

更新日: 2015年10月01日

296 お気に入り 176599 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆「鹿児島実業高校新体操部」と言えば、毎年そのユニークな演技が話題になる存在。

鹿児島県鹿児島市五ケ別府町にある私立高等学校。学校法人川島学園が運営している。通称は「鹿実」(かじつ)。全日制のみの全校生徒数は1,330人。
野球部、サッカー部、陸上部、剣道部、ラグビー部は全国でも有名な強豪校として知られる。

魅せる新体操で話題の鹿児島実業高校・新体操部。インターハイに連続出場している強豪校ながら、話題曲に合わせてコミカルな演技を行うことで有名。

男子新体操のチームにはおおきく3タイプある気がする。身軽さと柔軟性でふわふわと舞うタイプ。ガッシリした体格を大きくダイナミックな動きで魅せるタイプ。そして、鹿児島実業である。

◆過去に話題となった演技と言えば…

鹿児島実業といえば、これまでにもきゃりーぱみゅぱみゅさんやゴールデンボンバー、アニメ「進撃の巨人」の楽曲を使用したユーモアに富んだキレッキレな演技で話題になった。

2014インターハイ アニメ「進撃の巨人」

2014年のインターハイでは『進撃の巨人』『烈車戦隊トッキュウジャー』など奇抜な選曲と圧巻の演技で観客を沸かせた。 難易度の高い技にチャレンジしつつ、笑いもとれるパフォーマンスは、Twitterで6,000回以上拡散されるほどの話題になっています。

2013年 インターハイ 「きゃりー&金爆」の曲をモチーフにした演技

白塗りをした選手が登場し、演技が始まる前から会場はざわついている。鹿実は、このような構成を作る時に、ルール違反にならないか、相当神経を使って事前に調べているのだそうです。

◆今年のインターハイでも魅せる演技を披露し、話題となっている。

鹿児島実業高校新体操部、毎年その演技が話題になる彼ら。今年も期待を裏切らずやってくれました!

2015年のインターハイでは凄ワザの「ようかい体操」。人間ってこんな動きができるものなの…??? ハイレベルな技術に見惚れつつも、織り交ぜられた「おもしろ」演技にクスリとさせられます!

面白いポイントを随所に入れつつ、キレキレのスゴ技を披露する部員たち。会場から笑い声と拍手が鳴り響いています。

おなじみの「ようかい体操第一」や「アイドルはウーニャニャの件」などにあわせて華麗な技を次々と決めていきます。コミカルで遊び心ににあふれている一方で、決めるところはきっちり決めていく堂々とした姿がとても爽快。

新体操かっこよかった~ 春のは感動したけど、今回のはかっこよくてみとれる✨ 鹿児島実業も個人的に好きだな〜 おもしろい みよしくんお疲れ様でした 大学でも頑張れ

今年もやってくれましたね鹿児島実業高校新体操部。あんな大真面目?なダンソン初めて見た。

今年も笑わせて頂きました鹿児島実業新体操部w 記録じゃなくて記憶に残るってこういうことだと思います( ´∀`)bグッ! youtube.com/watch?v=JT87wE…

鹿児島実業 男子新体操部は もっと評価されるべき!! pic.twitter.com/5B9Da6FzOf

◆彼らはなぜこのようなスタイルを貫いているのか?

全国高校総体(インターハイ)の常連でもある彼らのモットーは「いかに、観客を楽しませるか。」

「ビデオを早送りされない演技をしたかった」と言う樋口監督。

出典ameblo.jp

あの独特な演技はいつからどんなきっかけで始めたのかを問われこう答えた。
この監督、大学時代に新体操で日本一になった経験があり、その時も鹿実の新体操部のように観客をわかせ、拍手喝采を浴びることはなかったそうで「彼らが羨ましい」と語った。

会場の笑いを誘うような選曲や振り付けに、当初部員たちは躊躇したという。 しかし、いざ観客の前で演技したときの観客の反応に自信を付け、今では自分たちでもよりアピールできる動きを考え、提案してくるようになった。

その一方で「鹿実で新体操をやりたい」という生徒も増え、それがレベルの向上にもつながってきた。

2011年に鹿児島実業が全国の表舞台に復帰し、YouTubeやマスコミなどで話題になったことを、「男子新体操の普及」という面では喜びながら、「でも、あれが男子新体操だと思われるのは困る」「おもしろいけど、下手!」と厳しい指摘をする人もいた。

だが、彼らは、「話題になればそれでよい」にあまんじてはいなかった。「おもしろいだけじゃない、強い鹿実を見せたい!」という思いは、彼らの中に、しっかり芽生え育ってきていたのだ。

1 2