1. まとめトップ

初心者必見!キャンプに必要な最低限の装備!

キャンプってなにを持っていけばいいの?と不安になっている初心者のあなた! 今回はこれだけは持って行きたいキャンプに必要な装備をまとめてみました!

更新日: 2015年08月11日

mix-nさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 3752 view
お気に入り追加

『居』を構える!

キャンプの基本はまずここにあり!
宿泊する人数より少し大きいサイズを購入すると住居スペースと荷物スペースが作れて◎

テントを長持ちさせるにはアフターケアも必須。 使用した後はテントの入口を逆さにし中のゴミを出し、逆さにして張りっぱなしにしておくと朝露や結露が乾いて加水分解を起こしにくくなりますよ。 家に帰ったあとももう一度、干すことをおすすめします。

グランドシートは必須なアイテム。
テントはそのまま建てると雨の日の地面や朝露などでテントの底から水が侵入してくる場合があります。
テントの下部の破損などを防ぐ効果も!

寝床を確保する!

快適な眠りはアウトドアアクティビティの基本中のキ!季節にあった装備を使用しましょう。

こんなにあるとわからないという初心者は、自分の身長と使用する季節で寝袋を選びましょう。
寝袋の中身の中綿は『羽毛(ダウン、フェザー)』と『化繊(ポリエステルなど)』の2種類に分類されます。
一般的に羽毛は同じ中綿の量でも保温性に優れ、化繊は濡れても乾きやすいというメリットがあります。

寝袋の使用温度域の表示は実は各メーカーで様々。ただ最近主流になっているのがEN13537という規格です。
表示の『T conf』=『Confort Limit(コンフォート リミット)』は一般的な成人女性が寒さを感じないで睡眠をとることができる温度域とされています。
また『T lim』=『Lower Limit(ロウワー リミット)』は一般的な男性が寝袋の入り口をしっかり閉め8時間睡眠がとれる温度域とされています。
初心者は『T conf』=『confort Limit(コンフォート リミット)』を見るとよいでしょう。

寝袋だけだとテントの下の地面はごつごつしていて眠れないということがありました(筆者談)
マットがあるとよりよい快適な眠りになること間違いなしです。

メシを喰らう!

キャンプで食べるご飯は格別!
ここではバーナーや調理器具などをご紹介します!

キャンプでシングルバーナーで調理するって結構、無謀って思う人もいるかもしれませんが
筆者はシングルバーナーでお湯を沸かしカップラーメンを食べました。これもまた格別なんですよ。

1 2 3





mix-nさん