1. まとめトップ

介護×IT オムニチャネル的な戦略の事例 キャッチコピー案 O2O(オンライン・ツー・オフライン)

 オムニチャネルというのは、顧客が「いつでも、どこでも、どのようにしても」商品を購買できるよう様々な技術を導入し、組み合わせ、顧客にとって高い価値を実現することをいう。

更新日: 2015年08月11日

1 お気に入り 3386 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

テレビ、ネット、店舗⇒ネットで購入⇒店舗で受取、自宅で受取

「いつでも、どこでも、どのようにしても」

O2O(オンライン・ツー・オフライン)

ポイントはいかに消費者にチャネルの使い分けをしてもらうか

オムニチャネルコマースのロードマップ

事業者はチャネル横断型の商品・顧客・販売管理を行う必要がある

1 2 3