1. まとめトップ

し、しらなかった・・・業界人も驚く音楽雑学まとめ

業界人も知らない人が多い豆知識を紹介。会話の中でちょっと披露してみてください。

更新日: 2019年01月11日

4 お気に入り 21505 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takuan_affさん

CDの容量は第九が入るの曲の長さ(74分)で決まった

当時CDを共同開発していたのはフィリップスとソニーでした。

フィリップスはカー・オーディオとしての将来性を見込み、オーディオカセットの対角線の長さと同じ直径11.5cm、記録時間60分を主張。

ソニーはオペラが途中で幕切れしない必要性を考慮し、直径12cm・記録時間74分を主張。

最終的に世界的な指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンの「ベートーヴェンの第九が1枚に収まったほうがいい」という助言がソニーの主張のひと押しとなったためCDの長さには第九で決まったとも言える。

※第九自体は指揮者にもよりますが60~66分程度なので、第九の曲の長さ=74分ではありません。

ドレミの歌の「ドーはドーナツのド」最後のドの音はミ

ドーはドーナツのド(ドーレミードミドミ)
レーはレモンのレ(レーミファファミレファ)
ミーはみんなのミ(ミーファソーミソミソ)
ファーはファイトのファ(ファーソララソファラ)
ソーは青いソラ(ソードレミファソラ)
ラーはラッパのラ(ラーレミファソラシ)
シーは幸せよー(シーミファソラシド)
さぁ歌いましょう(ドシラーファーシーソードー)

1週間の歌には木曜日が2日ある・・

木曜日が2回あるという絶望感が半端ないです・・

世界一歌われている歌は誕生日ソング「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」

世界一歌われている歌としてギネスに登録されています。

世界中で見れば毎日が誰かの誕生日ですからね・・

しかしこの歌は替え歌、さらに歌詞に著作権があり使用料がかかる

実はこの歌もともとはアメリカ人のヒル姉妹(姉 Mildred J. Hill と妹 Patty Smith Hill)が1893年に作詞・作曲した「Good Morning to All」のメロディを誕生日ソングに変えたものでした。

現在では、ワーナーブラザーズがアメリカでの著作権を持っており、毎年およそ200万ドル (約1億9000万円) の使用料が支払われています。

でも大丈夫、日本では著作権が切れているので歌ってもOK

日本では、英語詞は1999年(平成11年)5月22日で、メロディは2007年(平成19年)5月22日で著作権が切れています。

アメリカでは著作権保護期間の延長により、2030年まで著作権が存続するそうですが・・

どちらも家庭で歌う分には問題ないんですけどね(笑)

ピアノは正式名称ではない

直訳するとピアノ(小さい音)もフォルテ(大きい音)も出せるクラヴィ・チェンバロという意味になる。

少し短くなって「ピアノフォルテ」と呼ばれ、その後「ピアノ」と呼ばれるようになったと言われている。

一音も弾かないピアノ曲がある

演奏者がピアノの前に座り、一音も出さずに終了するのですが、その間の聴衆のざわめき、雑音などが全て「音楽」であるという考えで作られたようです。

実際は、楽器も時間も指定は無く、楽譜に「止まれ」の指示が書いてあるだけで、三楽章まであります。

初演の際、ピアニストが何もせずに座っていた時間がたまたま「4分33秒」だったので、それがタイトルになりましたが、これも演奏者によって変わっていきます。

ケージは、ピアノの弦の間に消しゴムや鉄のボルトなどの異物を挟み込んで音響を変化させる「プリペアード・ピアノ」を開発したり、演奏にラジオやトランプを使用したりと、奇抜な作曲家です。彼にとっては、全ての音や行為が「音楽」だったようです

京阪線の発車メロディを繋げるとひとつの曲になる

京阪線の18駅で列車の出発時に発車メロディを流しています。

発車メロディは「上り(京都方面ゆき)」と「下り(大阪方面ゆき)」、そして列車種別に応じて4つのコンセプトに分けて制作しています。

すべて聞くことはなかなかないと思いますが・・・

実際に駅で録られた音源です。つなげて聞くとたしかに一曲のように聞こえますね。

各駅のメロディはすべて異なりますが、コンセプトごとに順につなげて聞くと1つの曲になる、という趣向も凝らしています。

1