1. まとめトップ
  2. ガールズ

センス良い!と思われる結婚式の引き出物と選ぶ際のポイント

結婚式にご列席いただいた方々に、感謝の気持ちを込めて贈る結婚式の引き出物。どんな方にも喜ばれるものを贈りたいですよね。しかし年齢や職業もバラバラでなかなか決まらないのが現実。実際に喜ばれた!こんなものは困る・・・そんな引き出物を調べてまとめてみました。

更新日: 2017年04月21日

wedding117さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
737 お気に入り 424367 view
お気に入り追加

そもそも引き出物とは?

新郎新婦から、結婚披露宴の出席者におもてなし・感謝の気持ちを込めて贈られる品物。

結婚式場で注文すると高額なマージンが上乗せされた金額になるので、持ち込みを選ぶのが賢いやり方

結婚式場では何を頼むにしても超高額と言っていいほどのマージンが乗せられています。
引き出物以外にも、ドレス、司会、写真、ビデオ、メイクといったほとんどのものが通常の倍近くの価格になっているので、インターネットから直接業者に依頼する方が遥かに安くできます。

本当に喜ばれる引き出物を選びたい・・・

選び方一つで、新郎新婦への印象が変わってしまうもの。

引き出物はもともと家族への「手土産」だった

現在では引き出物は結婚祝いのお返し・記念品

最近の「おもてなし」の傾向として、ゲスト(の個性)に応じた「贈り分け」をするカップルが増えてきている

相手によって引出物の内容を変えることを贈り分けと言いますが、これを実行した人は80%に上っています。

地域差が大きい引き出物のマナー

地域によっては古くからの慣習に沿った「しきたり品」と呼ばれる引出物を用意することもあります。よく見られるのは「紅白まんじゅう」や「縁起物の和菓子」、「赤飯」、「鰹節」など

引き出物の相場とは?

引き出物の相場としては、披露宴の飲食費の3分の1を目安に考えるといわれています。

ひとり当たりのギフトにかける総額は年々増加傾向に
引出物+引菓子にかける平均額はひとりあたり6300円

友人や同僚

引き出物の金額を節約しすぎてゲストにがっかりされるようなことにならないよう、品物選びには注意するようにしましょう。

上司や親族と比べると、ご祝儀の金額は低くなることが多いため、引き出物の金額も控えめにする方が多いよう

上司

結婚式に上司をお招きする場合は、お礼も兼ねて友人や同僚とは差を付けた引き出物を贈ると丁寧。主催の上司などには、 お車代やお礼金にプラスして、主賓の方の引き出物をランクアップする方も多いです。

上司のご祝儀の金額は同僚よりも高額なご祝儀をいただくことが予想されるため、ご祝儀の金額を予想して金額に見合った引き出物を用意しておくのがポイント

結婚式に上司をお招きする場合、挨拶をお願いしたり、乾杯をお願いすることも多いと思います。
お礼も兼ねて友人や同僚よりはランクアップした引出物を贈ることでお礼の気持ちを伝えたい

親族

1 2 3





wedding117さん

結婚式の準備をするために、本当に役立つ情報をまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう