七回に2死を取ったところで、熱中症で左手がつった。水分補給して一度はマウンドに戻ったが、投球練習中に今度は右手がつった。「試合に勝つためには、石川に託した方が点を取られる可能性が低い」と自分で冷静に判断して降板。試合後は笑顔を見せながら「次は完封したい」と意気込んだ。

出典熱中症で降板の津商・坂倉「次は完封したい」/甲子園 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

前へ 次へ