1. まとめトップ

恐怖のエスカレーター。。中国の環境がヤバすぎる。

世界が問題視。中国の話題となったことをまとめました。是非ご覧いただければと思います。

更新日: 2015年09月06日

1 お気に入り 2661 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

coashanさん

最近話題になりましたよね?これ・・・

なぜこのような態勢でのるか知ってますか?

こんなの中国じゃあたりまえの光景らしいです

この事故の怖いところって、事故が起こるとこも怖いですが、すぐに対処せずに同じ事故が起こってることですよね。きっと以前から話題にはなってないだけで、起こってはいたことなんでしょうか?

エスカレーターが話題になったら次は・・・エレベーター・・・

幸い話題になっていたのは死亡者はでなかった。
しかし前から誤作動は多発していたということ。

こうなることはなんとなくわかっていた?


もしあなただったらどうしますか?

最も高額な100元札が新紙幣になる。
出回る偽札を回収したところ、日本円で80億にもなったとか・・・。

新しくなって、より最新な技術を使っているだろうから当分は防げそうなのかな?

Sクラス 中国偽札は識別困難

中国では「偽札」がATMから出てくる! 
銀行に訴え出たが、「ATMの中に偽札などあるわけない」と相手にされず、泣き寝入りした

偽札率は全体の1%〜5%らしい・・・そんなことある??

過去を振り返れば、問題視される理由がわかります

インドネシアで中国産とみられるプラスチックで出来たコメが出回る
問題のコメを食べた客が異常を訴え事態が発覚
プラスチック米はジャガイモ・サツマイモ・合成樹脂を混ぜて作成されている

農場で自然によって作られるのではなく、工場で人工的に生産している。
食品に食品じゃないものを混ぜて作るという前代未聞の事態である。

「南方の川はすべて汚染されている。北方の川はすべて枯渇している」という言葉は水汚染の現状をリアルに反映していると話し、汚染で様々な色をする河が現れているという。
昨年、河南省洛陽市内を流れる川は違法操業の染物工場が垂れ流した赤い染料で真っ赤に染められ、「血の川」となったことが報じられ、話題を呼んだ。

経済成長の裏側がこちらです。
薬品による河川の汚染がすごいですね。

これ・・・飲んだらどうなるのだろう・・・

これが住人の危機のレベルです。
慣れてしまっているのだろうが、これは胸が痛くなります。写真はあげてませんが、これよりもひどいところで泳いでいたり洗濯していたりする、写真もありました。

中国の急激な経済発展の裏で、この様な環境破壊、汚染水の垂れ流し、河川、湖の水質汚染が表面化しています。しかし、汚染地域に住む近隣住民はこの様な汚染された水を生活用水として使用せざるを得ない様です。

これでもまだみれる写真を抜粋しました。。衝撃画像も多々あるので、閲覧する際は気持ちを強くしてみましょう。

「水道水の合格率はわずか50%」というニュースが最近、ネットで急速に広がっている。中国住宅・都市建設部水質センターが2009年後半に行った全国の都市飲用水状況に関する調査では、「水道水」の安全基準を満たした配給地域は、わずか全体の50%だという。
つまり、半数は汚水が「水道水」として配水されていることになる。


海外で水を飲んではいけない。ということを聞きますが、こういうことですね。中国に限らず海外での飲料には十分注意する必要があります。

中国の化学工場の写真。

モクモクとあがる煙。この煙が上記の写真につながるわけですね。

ちなみに中国ではこういは大気汚染を発する工場を2016年末には一斉排除する予定だそうです。

豚のSARSとも呼ばれる「青耳病」

豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス感染によるブタの感染症である。青耳病にかかった豚は普通なら取引されないが、中国では病死した豚肉がヤミ業者によって市場に流されているという。

中国で肉まんや餃子を食べた旅行者がお腹をこわしたり、ものすごい臭い肉まんなども多く、段ボール肉まんに近いようなことは日常茶飯事に行われているのではないかという。

使われなくなった段ボールを苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)に浸した水で脱色して紙をボロボロにし、それとひき肉を6:4の割合で混ぜ合わせたとされている。

日本でも被害を受けた中国産の冷凍いんげん。

2008年、ニチレイフーズの中国製冷凍食品「いんげん」から化学物質「ジクロルボス」が検出された。 検出量は、最大で6900ppmで日本の食品安全基準のおよそ34500倍だった。

これを購入した主婦は、調理後、味見の際に舌に痺れを感じ、すぐに吐き出したが、病院に入院することになった。

工場などの排水溝や下水溝に溜まったクリーム状の油を濾過し、精製した安物の食用油脂。中国で社会問題化している再生食用油のこと。

マンホールの蓋を開け、下水道内の黒く濁り、赤みを帯びたのり状の物体を一昼夜かけて濾過した物。その色はどす黒く一目で判別できる。

腐った鶏肉や落ちた肉を使用。これは日本でも大々的にニュースに取り上げられた。
しかしそれだけでも問題なのにそれ以前の問題が起きている。鶏の飼育方法だ。鶏にとって劣悪な環境にその餌。狭すぎる環境で育てられ、人間が口にできない劇薬を混ぜていたこと。使用期限切れ以前に、鶏自体が問題なのである。

私たちは「食の安全」を守ることを考えるべきではないだろうか。

中国に限らず、今や食に関しての問題は後を絶たない。私たちはこういった情報を知り色々考えなければいけない。

中国の使い捨て箸のために年間2000万本の木が切り倒されている。中国では約80億本の割り箸が捨てられている。

中国が保有している石炭燃料は1150億トン。
全世界の46%。石炭消費量は世界の49%

1 2