1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

開発中の電気自動車の「自動充電ロボット」がなんか卑猥な件

アメリカの電気自動車会社テスラモータースが開発している電気自動車の「自動充電ロボット」が公開。しかし、この様子が「なんかエロい」と話題になっています。

更新日: 2015年12月15日

49 お気に入り 215129 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

manuronaldさん

これからどんどん増えていくであろう”電気自動車”

環境配慮型の次世代自動車の1つとして普及促進が進められている電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)。

日産『リーフ』も世界累計の販売台数が10万台を突破するなど、日本国内でも普通に街を走るEVを目にする機会が増えている。

でも電気自動車の充電ってちょっと面倒くさい…

現在、電気自動車の充電には、クルマの充電ポートリッドを開き、コネクタをポートに挿し、充電開始ボタンを押す必要がある。

ガソリン車では、月に1~2回の頻度で給油すればよかったのに、EVでは乗るたびに充電する事もあるため、ユーザーは毎回ケーブルを接続しなくてはならない。

長距離走行する際には、途中で何回も充電が必要なこともある。

そんな電気自動車の充電が近い将来”自動”になるかも

米・電気自動車メーカーのテスラモーターズは、電気自動車の充電をずっとラクにするであろう触手型ロボットのプロトタイプを公開した。

動画がこちら↓

特筆すべきは何と言ってもその動き。金属製のヘビのようにニョロニョロと動きながら自動的にソケットを探し当てて接続。

するとつながった充電口が激しく青く点滅をはじめ、充電が開始される。

昨年の大晦日、テスラモーターズのCEO イーロン・マスクは「自動で壁面から離れて接続する金属のヘビみたいな充電器を作っている」とツイートしていた。

※tweetは既に削除されている

完成すれば、今後発売される新型車だけでなく、これまで販売されたテスラ車も含め全てのモデルに対応するそう。

このシステムが完成すれば、テスラユーザーは自分の手で充電をする必要がなくなり、充電し忘れで走行できない、などということもなくなるかも。

【ビデオ】テスラ「モデルS」を自動的に充電する、不気味なヘビ型チャージャー jp.autoblog.com/2015/08/11/tes… ここまでオサレじゃなくても、4軸くらいで作れるんじゃないかな?ガレージに入れると勝手に充電してくれるってのはいいかも

でもなんか…エロい(キモい)

触手で充電っていうタイトルの記事を速攻クリックしてたww

テスラの触手みたいな自動充電器がキモくてカッコよすぎる - 週刊アスキー weekly.ascii.jp/elem/000/000/3… 機械触手姦か、レベル高いな

話題になってるヘビ型充電器、キモすぎる…。

ニュルニュルっと穴(充電口)を探して自ら挿入。
文字にすると卑猥な言葉にしか聞こえない…

ご安心(?)を。製品化される時はこの形じゃなくなるかも

どうやら開発は順調に進んでいるらしいが、マスク氏自身もこのヘビ型充電器について「何か違う」と最後に付け加えている。

今回発表された自動充電システムはあくまでもプロトタイプ。製品化されたときには、これとは異なった形状になるかもしれない。

1 2