日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-100(ジャンボジェット、機体記号JA8119、製造番号20783)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した航空事故である。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本航空123便墜落事故から30年。ジャンボ機墜落直前の機内の様子、生存者の現在は?

【忘れてはならない】日本航空123便墜落事故から30年。ジャンボ機墜落直前に機内では何があったのか?そして奇跡的に生還を果たした生存者の今は...

このまとめを見る