1987年(昭和62年)6月19日に航空事故調査委員会が公表した報告書では、同機が1978年(昭和53年)6月2日に伊丹空港で起こしたしりもち着陸事故(後述)後の、ボーイング社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損が事故原因とされている。これをもって公式な原因調査は終了している。航空関係者や遺族などの一部からは再調査を求める声があるが、現在に至るまで行われていない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本航空123便墜落事故から30年。ジャンボ機墜落直前の機内の様子、生存者の現在は?

【忘れてはならない】日本航空123便墜落事故から30年。ジャンボ機墜落直前に機内では何があったのか?そして奇跡的に生還を果たした生存者の今は...

このまとめを見る