子育てシーズン最初の方は育てる子に成長差ができないよう、卵が揃ってから温め始めます。
シーズン二番目など初夏にさしかかると、産卵してすぐに卵を温め始めるので、一つの巣の
中で大きさや羽毛の生え方に差ができることがあります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ツバメの雛の成長ものさし

ツバメの雛といえば巣で親から餌を貰っている姿が思い浮かびますが、それはほんの一時期だけ。あまり見ることのない雛たちの孵化してから大人に近づくまでをご紹介します。

このまとめを見る