1. まとめトップ

正しく使えてる?★ 制汗剤の正しい使い方 臭い対策 コミケ臭すぎィ!

そもそもコミケで制汗スプレーって迷惑なんだけど・・・(汗をかいてから制汗スプレー使っても遅いんだぜ!)ウェットティッシュタイプの制汗剤で夜露死苦。お願いしましたよ。汗を拭いてからスプレーやロールオン、ボディーペーパーを使いましょう。 制汗スプレーや汗ふきシートは正しく使わないと効果が薄くなる。夏コミ

更新日: 2015年12月29日

333 お気に入り 44122 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

コミケの会場がくさいくさい言われてるのって、 汗もあるかもしんないけど、男が使ってる制汗スプレーのにおいがあかんやつ使ってるからじゃねーの

におい対策
匂い対策 → 他人の制汗剤・香水の匂いがきつい →マスク付けよう
臭い対策 → 制汗剤を使おう

今の制汗スプレーは菌の繁殖を防ぐことでニオイがするのを防いでいる
だから、すでに肌の上に菌が繁殖している状況で制汗スプレーをしても意味が無い

汗をかいていない清潔な時に制汗スプレーを使うべし

汗をかいてからは、ウェットティッシュタイプの制汗剤を使いましょう

お風呂に入り体を洗ってキレイにしてから制汗スプレーをすると、菌の繁殖を防ぐ能力が100%発揮されます。すると寝ている間に菌が繁殖することなく、朝から無臭でいられる

制汗スプレーは入浴後(or寝る前)に使うと一番効き目がある。

「ちょっとニオうかな……?」という時に、やみくもにスプレーなどでごまかしても、あまり効果が出ないばかりか、香りと汗のニオイが混ざって余計大変なことに……

コミケで香水を付けるといろいろな臭いが混ざって めちゃくちゃ臭い!
制汗剤の匂いと汗の臭いが混ざると、気分が悪くなる匂いに…

個人的にオススメはウェットティッシュタイプの制汗剤
スプレータイプは周りの人に迷惑なので却下

ギャツビー アイスデオドラントボディーペーパー クールシトラス

おでこなどに貼り付けるタイプの冷熱剤もいいかもしれないけど、汗ですぐにベトベトになるので、自分はあまりオススメしません。

制汗剤は夜につけると効果を最大限に発揮できるらしい

あんまり制汗剤をつけすぎると、常在菌までも死滅させてしまって
逆にクサくなることがある

常在菌は外部の悪玉菌をやっつけてくれる作用があるので、
これが減ってしまうと悪玉菌が繁殖して、
さらに臭ってしまう

体臭が強い人は無香料の直塗りタイプがベスト

ロールオンやクリームといった肌に直接塗れるタイプで、
絶対に無香料のものを選びましょう。

香り付きを選んでしまうと、わきがのニオイと混ざって
不快度が増してしまうことがあるので注意です。

制汗クリームベスト3がおすすめです。

また、オドレミンなどを使って汗をかくこと自体を
抑えるのもオススメです。

多汗症の人はオドレミンやクリニークのデオドラントロールオンが お勧め

◎ 多汗による汗のニオイが気になる方
クリームタイプのものがおすすめです。

肌に直接塗るので高い制汗、防臭効果が期待できます。多汗の方がパウダータイプを使ってしまうと、パウダーが汗で固まってしまい、それがニオイの原因になることもあります。避けたほうが良いでしょう。

すぐにシャワーで洗い流せない状況では、汗ふきシートで汗を拭き取ってから制汗スプレーをすると効果が高まります。

そしてこのとき、乾いたタオルやハンカチは制汗スプレーや汗ふきシートの代用ができるかというと、実はできません。その理由は、乾いたタオルでは水分を吸収できても、ニオイの元を消臭することができないからです。

つまり、制汗スプレーと汗ふきシートはセットで持っていると、より有効的に使えると言えるでしょう。

朝起きたらシャワーで汗を流してから制汗剤でケア

寝ている間には、かなりの汗をかいているので、朝の汗ケアは清潔なお肌に戻すところからスタートしましょう。

シャワーを浴びてきちんと汗を流し、清潔なお肌にシートタイプの制汗剤を使用したほうが、汗対策の効果は高まりますし、ニオイの予防にもなります。

「朝シャワーを浴びる時間がない!」という時でも、ウォータータイプの制汗剤を使って、きちんとニオイの原因となる汗を取り除いておきましょう。ウォータータイプの制汗剤が手元になければ、固く絞った熱いタオルで汗をふき取るだけでも違います。

汗やニオイが気になったときに、直接スプレーなどでごまかしてしまうよりも、面倒でも1回シートタイプでふき取ったほうが、清潔なお肌を保つことができますし、ニオイも発生しにくくなります。

まずはしっかりふき取ったあとに、スプレーやロールオンなどを重ねましょう。

・汗拭きシート
ビ○レ(女性用)みたいな1枚が小さいものでなく 、大判サイズがお勧めです。
ニオイが気になる人はAg+が結構効きます。
スプレー式制汗剤は出発前に足の指の間とかに使いましょう。

会場ではシートや塗り込むタイプの制汗剤が周囲の迷惑になりません。

3つも4つも複数のデオドラント剤を持ち歩いて重ね塗りをしている人がいますが、過ぎたるは及ばざるがごとしです。皮膚の細菌をすべて殺してしまい、滅菌状態になると、より強い細菌や真菌が繁殖して、もっと強いニオイになることもあります。

最近このように「デオドラント依存症」「ニオイ恐怖症」の人が、体の「洗いすぎ」とデオドラント剤の「つけ過ぎ」でよけい臭いが強くなって、悪循環をきたしている人が増加していますので、注意しましょう。

制汗剤の長時間のつけっぱなしはNG

制汗剤は汗腺にフタをして、本来分泌されるべき汗を閉じ込めます。汗腺にフタをすれば一時的には汗の分泌を抑えることができますが、分泌される量が多すぎると溢れ出てしまいますし、肌に負担もかかります。また、皮膚表面にとどまった汗の成分が常在菌に分解され、かえって臭いが強くなる原因にもなりかねません。

広範囲に長時間使うことは避け、臭いが気になる部分だけに適量を使って、帰宅後はなるべく早めに濡れタオルで拭き取ったり、シャワーで洗い流したりするようにしましょう。

なお、エージープラスの制汗スプレーは、汗をかいた後に使っても、においを消せます

汗をかいてしまった後に使っても、効果を発揮するのが、エージープラスです。汗のにおいをすばやく消し、同時に、銀イオンの殺菌効果で、におい菌を元からカットします。制汗剤ブランドのエージープラスには、クールパウダーシートもあります。まず、このシートで汗のベタつきを拭きとった後に、パウダースプレーやデオドラントスティックを使うと、さらに効果的です。

体臭の強いタイプ(耳垢がキャラメルが溶けたような場合は体臭が強い)の場合は
塩化ベンザルコニウムの入った直塗りのタイプを選んでください。
または銀配合のものも殺菌効果が長く持続します。

汗だくになり制汗剤では間に合わない場合

①冷たい缶ジュースなどで手首の内側とか首筋、脇の下に当ててみてください。
②冷たいものを一気に飲まず少しずつ飲みます。

血液が冷やされ体温が下がり汗も止まりやすくなります。
口の中を冷やすと汗が引いてきます。
氷があればそれを口に含みます。

コミケ会場内での制汗スプレーはテロになるという話ですが、実際その通りなので、皆さん液体のシーブリーズ(SEABLIZZARD)買って持っていきましょう。これなら周りの人へ迷惑掛けないし、液体なのでスプレーより効果あります pic.twitter.com/HUYIT3o8ua

コミケ会場での、制汗スプレーの類は、使うなとは言わないが、人ごみの中では止めとけ! 周りに人が居ない所で使え!(; ・`д・´) >RT

焼け石に水 コミケに制汗スプレー むせるから制汗スプレー使うのやめようよ。 効果ないんだし公害だからさ

1 2