1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

花火やお墓参りなどで余った「ろうそく」がとっても役に立つ!

花火をした時のロウソクや、誕生日のケーキについてたロウソク、アロマキャンドルや、仏壇のロウソクなど使い切れずに余ってしまっていませんか? 実は火を灯す以外にもたくさんの使い道があるんです!棚にしまっておくだけだと損ですよ!ろうそくって意外と便利なんです♡

更新日: 2017年05月09日

152 お気に入り 75724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

confetti17さん

この時期よく使う「ろうそく」!使い切れず余らせていませんか?

ロウソクはたくさん入っているのでなかなか使い切れません。

白いろうそくが何本かあるのですが、長いので、使い道がなく、ずっとあります。

火をつけたり、災害用にストックするくらいしか使い道がありませんよね。

@koukikkymt いぇーい!ロウソク去年の残りのめっちゃある

来年まで片づけておく人も多いですね。

余ったろうそくで儀式した pic.twitter.com/OWiyklSEbp

こういう使い道くらいしかないですよね。

そんな余ったろうそくがとっても役立つのです!

どんな使い道があるのでしょうか?

(残りのロウソク99本をへし折る)

折る前に他の使い方を試してみては!

すぐに汚れてしまう白い靴や子どもの上履きに!

白いので汚れも目立ち、すぐに真っ黒になってしまいますよね。
これを試すときは色のついていない白いロウソクをつかってください!

新品のキレイな内に、ろうそくのろうを塗り付けます。太目のろうそくの芯の無い後ろの方で、ごしごしと10往復位こすり付けておくと洗うのがとても楽

靴の生地がロウでコーティングされて洗ったときにするっと汚れが落ちるそうです。

ろうそくを表面に軽く塗ってコーティングするような感じにすると、汚れをはじいてくれたり、汚れても軽いものなら、表面を軽く水ぶきするだけで何とかなる

汚れもはじいてくれます!

靴ずれ対策に!

新しい靴など、慣れない靴を履くとできるとっても痛い靴ずれ。出来ることなら靴ずれしたくありません。

靴擦れを起こす部分の「靴のほう」にろうそくか石鹸をこすり付ければ良いんです。
すべりが悪く引っかかって擦り傷ができるわけですからすべりを良くすれば自然と起こらなくなります。

ロウを塗って滑りを良くすれば少しは靴擦れしにくくなります。

新しい靴でかかとが靴擦れするときは、靴のかかとの部分にロウを塗ると良いですよ。

閉まりの悪いファスナーに!

開けたり閉めたりがスムーズにできないとイライラしてしまいますよね。
パーカーやカバン・お財布など、どのファスナーにも使えます。

ファスナーの端から端までろうそくを丹念に塗り込んで数回、開け閉めします。新品のようになめらかに動くようになります。

丁寧にやる場合は歯ブラシを使うと塗りやすいです!

カビが生えやすいお風呂場のタイルに!

ちゃんと換気しているつもりでも出来てしまう黒カビ。とっても頑固でお掃除も大変ですよね。

タイル目地などにつく黒かび。きれいにしてもすぐ生えてしまいやすいですよね。
そんな時は、掃除した後に水気をよく拭いて、目地にろうそくを2,3回重ね塗りすればOK!
水をはじくし、カビが住みにくいんです。もし生えても軽くこすればすぐキレイ。

ロウを塗ることで面倒なカビ掃除が楽になります!

カビは、水分がなければ繁殖できません。ロウで塗った目地には水分が入り込まずカビが繁殖できない。

ロウでコーティングしているので水をはじきます。

★おまけ★

ロウソクを使うときに知っていると便利な事をまとめました♡

ろうそくを長持ちさせる方法!

冷凍庫を開けてロウソクが入っていたら驚いてしまいそうですね!

・使いたい前の日ぐらいに1回冷凍庫に入れてから使う
・ろうそくを冷凍庫に入れておいて冷やした状態で使うとロウが溶けづらくなる
・ロウソクが溶ける温度は約45~65℃
・冷凍しておくと常温よりも溶ける温度になるまで時間がかかり、長い間燃え続ける

アロマキャンドルなど通常よりも長持ちしたら嬉しいですよね!

ポタポタとたれ落ちるロウの量を減らす方法!

1 2