昭和7年(1932)満州国独立(皇帝は清国最後の皇帝溥儀)。満州国は、関東軍の指導のもとに近代化し発展していった

出典授業づくりJAPANさいたま 「小6・中学社会 学校でまなびたい歴史」 満州事変と満州国

【歴史上の判断の分かれる点】日本の満州国での行動は侵略だったのか?元々、遼東半島先端部と南満州鉄道附属地は、日露戦争(1904年)の勝利からポーツマス条約に基づいてロシアから日本に租借権が移行した地域。日本は現地の満州人と上手にやれていて、そこに中国人や北方のロシアが利権をとりたくて事件を起こしたという説もある

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ドラマ「妻と飛んだ特攻兵」…知っておきたい悲しき時代背景と事実

堀北真希主演ドラマ「妻と飛んだ特攻兵」が8月16日に放送されます。最後の特攻機に女性が 乗っていたという 知られざる太平洋戦争の史実を描いた物語です。この特攻には、終戦直後のソ連のエスカレートする侵攻という背景がありますが、その前後の知っておきたい時代背景と事実についてまとめました。

このまとめを見る