1. まとめトップ

え、女優辞めるの?剛力彩芽が歌手活動に専念するらしい…。

剛力彩芽さん。ドラマにCMに出演が続いて「時の人」になっておりましたが、ドラマは視聴率低迷して、2015年はほとんど出演もなくなっていました。そして遂に歌手活動に専念すると事務所から発表が。かなり異例の事態です。

更新日: 2015年08月16日

0 お気に入り 2320 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

take0518さん

■オスカー3人娘と期待されていた剛力彩芽さん

【本名】 剛力彩芽(ごうりき あやめ)
【生年月日】 1992年8月27日
【出身地】 神奈川県
【血液型】 O型
【サイズ】 身長162cm
【趣味】 フルート・お菓子作り
【特技】 ダンス・料理

オスカープロモーション公式ページより。
2002年から芸能事務所に入っていたもようです。

2002年に行われた全日本国民的美少女コンテストの際にスカウトされ、芸能事務所に入りました。2008年2月から雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルに。

■デビューからドラマ出演が続いていました

この時にショートヘアにしたとのこと。

あまりいないタイプの外見だったせいか、結構、鮮烈なイメージがあった気がします。この後、注目されるんじゃないかなと思っておりましたが…。

2011年1月 フジテレビ月9「大切なことはすべて君が教えてくれた」で本格的に女優デビューを果たした。

ダブル主演というかたちですが、これがテレビドラマ初主演。

ロングヘアの設定で出演しています。その後は次々とドラマやCMに出演し続けますが、あまりにも急に売り出した感がありましたね…。

ドラマ『IS[アイエス]~男でも女でもない性~』。この作品に出演中の剛力彩芽さんはテレビドラマ初主演ながらに、福田沙紀さんとのダブル主演という大役に全力で取り組んでいます。

TBS系連続ドラマ「ビギナーズ!」でヒロインを務めており、民放連ドラに7クール連続出演の“偉業”を達成した。

2014年に、7作目の『私の嫌いな探偵』のタイトルでテレビドラマ化された。主な出演者は主演の剛力彩芽、剛力と今作品で初共演となる玉木宏。

■様々な賞を受賞して話題を振りまいていました。

「第25回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」で特別賞を受賞。あんまりメガネとの関係性があるとは思えませんが…。

こういう賞はいろいろ思惑がありそうで。とにかく、様々な賞を受賞しまくりました。

映画「カルテット!」での演技が評価され、元AKB48の前田敦子とともに映画評論家らが優れた人材や作品を表彰する「第21回日本映画批評家大賞」新人賞を受賞。

女優の松嶋菜々子(39)、剛力彩芽(20)、川島海荷(18)らが、各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第24回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』を受賞

剛力はすでに「第41回ベストドレッサー賞」「VOGUE JAPAN Women of the year 2012」「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012」「ベストレザーニスト授賞式2012」「ベストキャラクター賞」「第25回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」を獲得しており、今年4月には「第21回日本映画批評家大賞新人賞」も受賞。「2012年ベストビューティストアワード」が今年8個目の受賞となった。

■遂には歌手デビューも!

露出も多い時期だったせいか、かなり話題になりました。

とはいえ、テレビ生放送で結構たたかれていたような気も。インターネットは一回火が付くと容赦ないですね。

女優やモデルとして活躍している剛力彩芽が、今夏にソニー・ミュージックより歌手デビューすることが正式に決定。4月から東京、札幌、名古屋、大阪、福岡で握手会を開催することも発表された。

女優で歌手の剛力彩芽が10日にリリースしたデビューシングル「友達より大事な人」が、レコチョク週間ランキングおよび着うたランキングともにウィークリー1位を獲得した。

歌手としての目標も大きく、「全国ツアーが夢。1曲だけでなく長い間、活動させていただいて、年末恒例のイベントにも出られるようになりたい」と“紅白出場”を誓ってみせた。

■一方「ごり押しではないか」の声もありました

なんというキャッチコピー…。

それはさておき、急激な出演増加が「ごり押し」の声を加速させました。しかもあんまり合っていない役が多いですしね…。視聴率がことごとく苦戦したのも拍車をかけた原因です。

主演やヒロイン役が続いたが、どの番組も視聴率が悪く、事務所の力による「ゴリ押し」とさんざん酷評された。

剛力彩芽さんの所属事務所、オスカープロモーションがドラマなどの配役に無理矢理自社タレントを押し込んでいるのではないか、という批判がネット上で渦巻いたのです。さらに、これに追い打ちをかけたのが、これらドラマの低視聴率です。

腹筋マシン『ワンダーコア』の新CMに、女優・剛力彩芽(22)が抜擢されたことが明らかになった。剛力が出演するのはコンパクトサイズの『ワンダーコア スマート』の新CM。しかしネット上では「宇梶さんだから面白いのに」「またゴリ押しですか?」と、剛力起用について首を傾げる者が少なくない……。

■またドラマの視聴率も低く、最近は出演も減ってしまっておりました。

原作とのキャラクターの解離性が激しく、バッシングされました。人気作品のドラマ化だけに、これではごり押しと言われても…。

視聴率も低迷。

13年放送の『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)では“月9”初主演。しかし、これが最終回で8.1%に落ち込むなどと振るわず、以来、プライム帯で主役に抜てきされることもなくなってしまった。

剛力は2012年にCM契約社数18社を誇り、出稿量の多いKDDIのCMを筆頭に、テレビで見ない日はないほどだった。ところが、KDDIの契約終了後は出演CMも徐々に減少していき、今ではすっかり影が薄くなってしまった。

1 2