▽高嶋政伸にウクレレ・タップ教室代まで請求した美元(2012年07月24日)

 今月27日に予定されていた離婚裁判の弁論が9月19日に延期された俳優の高嶋政伸とモデルの美元。美元は一部で建築デザイナーとの不倫疑惑も報じられてるだけに、限りなく形勢が不利だが、6月の裁判で政伸が美元から「月の生活費100万円と小遣いの9万円。合計109万円必要」と言われたと証言した証拠となる裁判資料の“美元メモ”の存在を発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 同誌によると、メモが作成されたのは10年5月ごろ。当時、家賃と光熱費を抜いた生活費として美元は政伸から月々50万円もらっていたが、それでは足りない理由を細々と書いて増額を迫ったというのだ。

 その中身は食費10万円、日用品5万円、健康維持費13万円など一般常識からするとかなりかけ離れている金額だが、ほかに「あくまでも結婚前の水準」として美容代12万円、衣装代10万円、ウクレレ教室2万円、タップ教室2万円などの趣味・教養代として10万円を要求。金額と共に「私も美しさを生業としてきたので、結婚前からこの位の出費はしてきました」などの説明を書き添え政伸に念を押しているというのだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

高嶋政伸が再婚か!元嫁・美元との泥沼離婚後、新恋人の彼女と交際!

俳優の高嶋政伸(48)が、1年前から年下の一般女性と交際していることが、2015年8月15日、分かりました。

このまとめを見る