「大神の御魂の前にひれふして ひたすら深き罪を乞うなり」

前へ 次へ